飲む日焼け止めランキング!おすすめのサプリを比較し口コミも紹介

日焼け止め

突然ですが、あなたはこの様なことを思っていませんか?

「紫外線対策で飲む日焼け止めが欲しいんだけどどれがいいの?」

「飲む日焼け止めのおすすめって何かある?」

当サイトにご訪問有難うございます。

当サイトでは、元美容部員のユミコが、紫外線対策で今とても話題になっている飲む日焼け止めについてランキング形式で解説します。

「紫外線効果が高い飲む日焼け止め」、「美容成分も含まれたバランスがいい飲む日焼け止め」、「コスパがいい飲む日焼け止め」などを紹介します。

きっとあなたにピッタリの飲む日焼け止めが見つかりますよ。

その前に飲む日焼け止めをおすすめする理由とは何でしょうか?

それは日焼け止めのデメリットを解説しましょう。

お急ぎの人はこちらのランキングをご参考ください。

icon-rank-tk02_m01ホワイトヴェール(バランスで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m02インナーパラソル16200 for UV(紫外線対策効果で選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m03メディパラソル(コスパで選ぶならコレ)

日焼け止めのデメリットとは

日焼け止め

まずは日焼け止めのデメリットを考えてみます。

・日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤の害について

紫外線吸収剤の特徴としては、高いUVカット効果があり、塗ると滑らかな質感へと変化させていけるといった特徴を持っています。
紫外線を吸収して浴びた熱を放出させるといった科学反応を起こさせながら、メラニンが皮膚内へと侵入していくのをブロックしてくれます。
但し敏感肌の人はこの化学反応成分が合わずに、肌荒れを起こしてしまうようです。
さらに化学反応によって成分の効果が次第に弱まって来るので、短時間単位での塗り直しが必要となってきます。
紫外線を浴びて成分が科学反応を起こしている状態なので、その状態のまま皮膚に残しておくと肌荒れしてしまうので、そういった意味でも短時間での塗り直しは必須条件となりそうです。
屋外で長時間活動する人や敏感肌の人には紫外線吸収剤は向かないようです。

・日焼け止めを塗るとかぶれたり湿疹ができたりすることについて

日焼け止めを塗ってかぶれたり湿疹ができる原因として考えられる事が、紫外線吸収剤が紫外線や熱を一旦吸収して、それを化学反応を起こさせながら放出していく時の科学反応後の成分の刺激が強すぎる事が考えられます。
でもこの時に敏感肌の人は表皮の膜(バリア機能)が弱くなっている可能性が高いので、化学反応してしまった紫外線吸収剤の成分が皮膚の内部へと浸透しやすくなっているのです。
皮膚膜は皮脂と水分から成っているわずか0.5ミクロンといった極薄の膜なのですが、敏感肌の人はこの皮膚膜の働きが不安定なので、紫外線を吸収して科学反応を起こした科学物質が皮膚内へと侵入してくる事によって、その毒素を排出しようと必死になって湿疹として表面化されるのです。

・日焼け止めを塗り直しや塗り忘れについて

日焼け止め

どうして1度浸けた日焼け止めをその日のうちに何度も塗り直していかないといけないか?というのは、日焼け止めの有効成分にはタイムリミットがあるからです。

日焼け止めの効果について

日焼け止めのSPFとPAの数値によっても多少の変化はありますが、基本的には炎天下の中で活動している場合には、紫外線吸収剤成分配合の日焼け止めを使う場合には2~3時間おきに塗り直す必要があります。
特に汗っかきの人や肌が弱い人は、こまめに塗り直した方が良いでしょう。
SPF30の場合でおよそ10時間、50の場合ですと16~17時間程持続力があると云われていますが、吸収剤の科学反応後の肌への負担を考えると、こまめな塗り直しが肌荒れを防ぐポイントです。

塗り直す時の注意点

塗り直す際にメラニン除去作用の高いローションやローションシートを活用すると、皮膚に付着しているメラニンもきれいに除去していけます。
塗り直す時のポイントが、保湿効果やバリア効果の高い成分配合のアイテムを活用しながらまずは保護膜を作り、それと同時に紫外線をブロックしていけるようにする事です。
汗をかきやすい夏場に皮膚のバリア機能を高めるためにと何種類ものアイテムを重ね塗りしてしまうと、化粧崩れを起こしやすくなると心配な方は、高性能なオールインワンジェルや保湿成分配合の日焼け止めを活用していくのが賢い選択肢です。

・日焼け止めをクレンジングすることによる肌に与える影響力について

日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤といった刺激の強い成分が配合されているので、それを完全に落としてあげないと成分を残したままだと色素沈着や肌荒れの原因となってしまいます。
但し余りにも洗浄力が高いクレンジングは皮脂といった潤い成分までも取り除いてしまうので、それによって肌のバリア機能が低下してしまうといった悪循環に陥ってしまいます。
皮膚の表面に付着したメラニンやほこり、細菌といった余分な物だけを取り除きながら肌への保護機能も高めていくためには、植物オイルやハーブ、和漢、フルーツ酸、植物性の天然オイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ成分などが配合されているクレンジングがお勧めです。
しっかりと余分な物を洗浄しながらも、保湿や美白、保水成分を補給していけるので、日焼け後の肌のダメージも最小限に防いでいく事が出来ます。
上質な美肌成分が配合されているアイテムは若干コストパフォーマンスを高く設定しているかもしれませんが、長く使い続ける事によって美肌へと近づいていけるので是非採用してみて下さい。

以上が日焼け止めのデメリットになります。

飲む日焼け止めのメリット解説

日焼け止め

それでは飲む日焼け止めのメリットは何でしょうか?
色々ありますが、以下が主なメリットになります。

・日焼け止めの塗り忘れが無いのでうっかり日焼けを防げる

・日焼け止めの塗り直しがない

・日焼け止めで白浮きをする心配もない

・日焼け止めを塗った時のベタベタ感やテカりがない

・敏感肌やニキビ肌でも使用することができる

・海やプールに入っても問題なく紫外線対策ができる

・汗や水で日焼け止めが落ちる心配もない

・日焼け止めを塗る手間が省けるので時短ができる

・日焼け止めのムラ塗りがない

・副作用の心配がない(飲む日焼け止めサプリによる)

など様々なことがあります。
上記は塗る日焼け止めのデメリットそのものになります。
それらを飲む日焼け止めは解決できるのですからすごいですね。
そして、もう一つ注目は肌断食ができるという点があります。

飲む日焼け止めのメリットの一つが肌断食

日焼け止め

美容に関心が高いあなたなら肌断食という言葉を聞いたことがあると思います。
日焼け止めに限らず化粧などを一日中、肌に塗っていると肌が呼吸ができなくなり本来の働きをすることができなくなってしまいます。
その一つが新陳代謝です。

それの対策として、日焼け止めや化粧を全くしない日を作るという事が大切になります。
それではもう少し肌断食のことをお話しします。

肌断食とは

肌断食とは肌のダイエットの事で、毎日当たり前のように洗顔石鹸、クレンジング、ローション、美容液、乳液、クリーム、美容クリームとトータルケアしていた状態から、そういった加工製品の使用を中止して、肌細胞が本来持つ機能をたかめていくスキンケア方法です。

・肌断食をすることのメリットについて

肌断食をする事によって皮膚に何も浸けていない状態になるので、皮膚呼吸がスムーズに行えるようになります。
皮膚呼吸がスムーズに行える事によって肌細胞達が活性化できるので、皮膚のキメを整える事が出来ます。

今まで当たり前のように使用していたスキンケアアイテムを極限まで減らしていく事によって、自分の本来の肌質と真摯に向き合う事が出来るので、その後のスキンケアアイテム選びも楽になります。

今まで購入していた様々なスキンケア代がほとんどかからなくなるので、美容費をかなり節約できるようになります。

長く肌断食を継続していく事によって自分の力でPhバランスを整える事が出来るようになるので、ニキビや吹き出物の予防にもなります。

・肌断食のときにおすすめの日焼け止め

夏場だけでなく年中紫外線は降り注いでいるので、特に毎日のように外出する人にとっては、日焼け止めを塗る事は必須条件のようになっているようです。
でも、実は日焼け止めを落とすのには、強力な洗浄力のあるクレンジング(オイルクレンジングなど)や、洗浄力の高い洗顔料(酵素やフルーツ酸配合のピーリング効果のある物)を使用する必要があるので肌への負担が非常に大きいのです。
特にウォータープルーフタイプの日焼け止めは、通常のクレンジングでは落ちにくいようです。
日焼け止めをしっかり洗い流した後の皮膚は皮脂までも除去してしまっている状態なので、乾燥やシワを防ぐためにどうしても保湿効果のあるローションや美容液、乳液、クリーム、美容クリームといったアイテムが必要となってきます。
そうなると、いつまでたっても肌断食を行う事が出来ません。

飲む日焼け止めがあれば肌断食中でも安心!

そんな時にお勧めの紫外線ケアアイテムが、飲む日焼け止めです。
飲む日焼け止めの効果としては、紫外線を浴びて皮膚内に侵入してきたメラニンを除去していくだけでなく、抗酸化作用によって体内に蓄積されているメラニンを排出したり、ダメージを受けている細胞を活性化させる働きがあります。
太陽の光には、可視光線、赤外線、紫外線とあります。
この中でも特に紫外線が肌へのダメージが大きいのですが、紫外線を大量に浴びると、肌の表皮だけでなくそのさらに奥の真皮部分にも到達してしまいます。
肌老化といって紫外線を浴び続ける事によって肌の深層部に溜まったメラニンが肌細胞を老化させ、くすみやシワ、シミ、イボといったダメージが表に現れてくるようになるのです。
外出する30分前に飲む以外でも毎日継続的に摂取し続ける事によって酸化した細胞達をよみがえらせる作用があるので、美肌効果や美白効果が高まるのです。
インナーケアによって肌細胞に栄養分を補給してあげる事によって、より肌断食の効果もアップできそうです。

以上が飲む日焼け止めのメリットの一つになります。

飲む日焼け止めを選ぶポイントについて

日焼け

それでは飲む日焼け止めを選ぶポイントを紹介します。

・紫外線への対策効果

やはり飲む日焼け止めを飲むならば紫外線対策効果を知りたいですよね。
ランキングにする時には紫外線への耐性も調べています。

・美容効果はあるか

女性でしたら気になるのが、美容効果です。
紫外線対策の他にも美容に効果があると嬉しいですよね。
その点も調べてあります。

・副作用の有無

飲む日焼け止めはサプリメントなので体内に入るものになります。
なので体に副作用が無いか心配になりますよね。
それも加味して選んでいます。

・コスパ

飲む日焼け止めは長く続けることによってより効果を発揮します。
長く続けるにはコスパも重要になります。
一日辺り、いくらになるかということも考慮してランキングを付けました。

・人気・口コミはあるか

やはり人気や口コミが多く出ている飲む日焼け止めは安心感があります。
今は、飲む日焼け止めは人気モデルの間でも人気が出ています。
それもランキングで加味しました。

以上の点を考慮したランキングをご紹介しましょう。

icon-rank-tk02_m01飲む日焼け止めホワイトヴェール

ホワイトヴェール TOP

・ニュートロックスサンが主成分で美容効果もバランスよく配合
・初回980円で4ヶ月継続の定期購入
・2回目から4回目までは4980円
・5回目以降は3980円
・15日間の返金保証付き

ホワイトヴェール

当サイト一番のおすすめの飲む日焼け止めはホワイトヴェールになります。
ホワイトヴェールは、スペイン産の植物のシトラスの果実やローズマリーの葉から抽出された天然ポリフェノールで作られたニュートロックスサンという成分が主成分になります。
紫外線の強い地域で育った植物には高い紫外線への耐性ができることを利用した成分になります。
臨床試験では、ホワイトヴェールを85日服用した被験者は紫外線に対して60%の耐性を得ることが実験で実証されています。
約三ヶ月にわたってホワイトヴェールを飲み続けることにより約2/3の紫外線をカットできるのは飲む日焼け止めの中でもトップクラスの効果です。
また美容効果が高いメロンプラセンタも成分として入っています。
プラセンタは胎盤の事を意味し、お肌の新陳代謝を高める働きがあります。
シミやしわなどは新陳代謝を高めることにより改善されることが分かっていますのでそれも心強いですね。
ホワイトヴェールは、副作用の心配もほとんどありません。
成分の99.9%が天然成分で作られており副作用にも配慮されています。
コスパの方ですが、初回は980円ととてもお得になっています。
六ヶ月継続した場合の1日辺りの費用は約127円と他のホワイトヴェールに比べて安く抑えられているのも嬉しいですね。
高い飲む日焼け止めだと一日200円以上のもあります。
またホワイトヴェールは、SNSやインスタグラムなどで多くの人気モデルが使用していることでも知られています。
ニュートロックスサンは、紫外線対策も美容成分もバランスよく配合されているので迷っている場合には是非試してもらいたい飲む日焼け止めになります。

詳しくは是非、公式サイトをご覧ください。

ホワイトヴェール

icon-rank-tk02_m02インナーパラソル16200 for UV

インナーパラソル

・ニュートロックスサンの含有量で選ぶならこれがおすすめ。
・美容成分も多く配合されている

インナーパラソル

2位はインナーパラソルになります。
主成分はホワイトヴェールと一緒になりますが、その含有量が高いです。
ニュートロックスサンの推奨値は250mgですが、それを超えています。
ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めは多くありますが、推奨値を超えるのはそう多くありません。
紫外線対策を何より優先するならホワイトヴェールよりもおすすめでしょう。
またセラミド成分のパインセラや抗酸化作用が高い希少なキノコ、コプリーノなど美容効果が高い成分も含まれています。
ただ初回費用が990円と安いものの通常の月は5600円とコスパが悪いのが残念なところ。
1日辺りにすると161円になります。(六か月使用した場合で計算)
なのでインナーパラソルはコスパよりも紫外線対策重視の女性におすすめできるでしょう。
また厚生労のGMP基準認定や有機JAS認定や放射能検査など安全面にも配慮されています。

 

公式サイトはこちらからどうぞ。
インナーパラソル16200 for UV

icon-rank-tk02_m03メディパラソル

・ニュートロックスサンが主成分
・ナリンゲニン、カルノシン酸、ロズマリン酸と紫外線対策を意識した成分を多く配合
・初月は990円(毎月500名限定)
・次月からも2940円と飲む日焼け止めの中でもコスパは抜群に良い

メディパラソル

3位はメディパラソルになります。
メディパラソルの主成分もニュートロックスサンになります。
主な特徴として、「ナリンゲニン」や「カルノシン酸」や「ロズマリン酸」と紫外線対策に有効な成分が多く含まれていることです。
ナリンゲリンには抗酸化作用が、カルノシン酸には鎮静作用が、ロズマリン酸にも抗酸化作用があり三成分ともポリフェノールの一種になります。
他の飲む日焼け止めに比べてより紫外線に有効な成分が多く含まれているのがメディパラソルの特徴です。
また飲む日焼け止めの中でもコスパがとても優れています。
一日辺りにすると約87.1円となり紹介する飲む日焼け止めでもコスパがいいです。(六か月使用した場合で計算)
コスパ重視で飲む日焼け止めを選ぶならメディパラソルがおすすめです。

公式サイトはこちらからどうぞ。
メディパラソル

4位 雪肌ドロップ

雪肌ドロップ TOP

・初月1980円で定期縛りはなし(先着300名)
・次月から6480円

雪肌ドロップ

4位は雪肌ドロップになります。
雪肌ドロップの主成分もホワイトヴェール同様のニュートロックスサンになります。
雪肌ドロップの紫外線耐性効果も56%カットとホワイトヴェールほどではないですが、とても高くなっています。
また雪肌ドロップもメロンプラセンタの成分が入っているなど美容効果も高いです。
他の飲む日焼け止めは定期縛りがあるのに対して雪肌ドロップは縛りはないのは大きなメリットです。
初月は1980円と安くなっているのでお試しで購入したい人におすすめです。
ただ二回目からは6480円とコスパが悪くなってしまいます。
コスパよりも紫外線効果や美容効果を重視したい人におすすめです。

公式サイトはこちらからどうぞ。
雪肌ドロップ

さいごに

いかがでしたか?
飲む日焼け止めのランキングをご紹介しました。
2016年から爆発的な人気になっている飲む日焼け止めサプリですが、メリットを見ると納得です。
是非、この機会におすすめの飲む日焼け止めサプリをチャックしてみてくださいね。

最後に、ランキングを再掲載します。

icon-rank-tk02_m01ホワイトヴェール(バランスで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m02インナーパラソル16200 for UV(紫外線対策効果で選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m03メディパラソル(コスパで選ぶならコレ)

LINEで送る
Pocket

人気記事一覧