30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

飲む日焼け止めランキング!30代40代におすすめはどれ?

日焼け止め

【2017年7月29日更新】

突然ですが、あなたはこの様なことを思っていませんか?

「紫外線対策で飲む日焼け止めが欲しいんだけどどれがいいの?」

「30代40代におすすめの飲む日焼け止めってある?」

当サイトにご訪問有難うございます。

当サイトでは、元美容部員のユミコが、紫外線対策で今とても話題になっている飲む日焼け止めについて30代40代の女性向けにランキング形式で解説します。

「紫外線効果が高い飲む日焼け止め」、「美容成分も含まれたバランスがいい飲む日焼け止め」、「コスパがいい飲む日焼け止め」などを紹介します。

きっとあなたにピッタリの飲む日焼け止めが見つかりますよ。

その前に飲む日焼け止めをおすすめする理由とは何でしょうか?

順番にお話したいと思います。

お急ぎの人はこちらのランキングをご参考ください。

icon-rank-tk02_m01ホワイトヴェール(バランスで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m02メディパラソル(コスパで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m03インナーパラソル16200 for UV(紫外線対策効果で選ぶならコレ)

あの時日焼け対策さえしていれば・・・シミの原因は紫外線!

日焼け止め

30代40代になってから女性を苦しめるのが、日焼けの後遺症によるシミ・そばかすといった深刻な肌トラブル。
夏は海やテニス、冬はスキーやスノボとアクティブに動いた人ほど、「あの時しっかり日焼け止め対策をしておけば・・・」と後悔が尽きないのではないでしょうか。
太陽の光には、可視光線、赤外線、紫外線とあり、この中でも特に肌へのダメージが大きいのが紫外線。
紫外線を大量に浴びると、肌の表皮だけでなくそのさらに奥の真皮部分にも到達してしまいます。
また紫外線を浴び続ける事によって肌の深層部に溜まったメラニンが肌細胞を老化させ、くすみやシワ、シミ、イボといったダメージが表に現れてくるようになる「肌老化」につながります。
既に出来てしまったシミはレーザー治療やシミに効く化粧品、マッサージでなんとかするとして、固く心に誓いたいのは今後の日焼け対策。
「真夏の日差しの強い日に、外出する時だけ日焼け対策をすればいい」と勘違いされている方が多いのですが、実はシミを引き起こす紫外線、曇りの日にも降り注いでいるほか、窓ガラスを透過してしまう性質もあります。
つまり日焼け対策とは、オールシーズン、外出するしないに関わらず、毎日やらなくてはいけないのです。

塗るタイプの日焼け止めとは?

では、どんな日焼け対策があるでしょうか。一番最初に思い浮かぶのは、市販されているローション状やクリーム状の、塗るタイプの日焼け止めですよね。
塗るタイプの日焼け止めは「紫外線吸収剤」という成分が入っています。
紫外線吸収剤は高いUVカット効果があり、紫外線を吸収して浴びた熱を放出させるといった科学反応を起こしながら、メラニンが皮膚内へと侵入していくのをブロックします。
塗り直す際にメラニン除去作用の高いローションやローションシートを活用すると、皮膚に付着しているメラニンもきれいに除去していけます。
塗り直す時のポイントが、保湿効果やバリア効果の高い成分配合のアイテムを活用しながらまずは保護膜を作り、それと同時に紫外線をブロックしていけるようにする事です。
汗をかきやすい夏場に皮膚のバリア機能を高めるためにと何種類ものアイテムを重ね塗りしてしまうと、化粧崩れを起こしやすくなると心配な方は、高性能なオールインワンジェルや保湿成分配合の日焼け止めを活用していくのが賢い選択肢です。

知ってた?塗るタイプの日焼け止めの3つのデメリット

日焼け止め

ただ一般的な塗るタイプの日焼け止めには、実は3つのデメリットがあります。

1.効き目が短い

先に説明したとおり、塗る日焼け止めは「紫外線吸収剤」という成分が入っています。
紫外線吸収剤は高いUVカット効果があり、紫外線を吸収して浴びた熱を放出させるといった科学反応を起こしながら、メラニンが皮膚内へと侵入していくのをブロックします。ただ、化学反応によって成分の効果が次第に弱まって来るので、短時間単位での塗り直しが必要です。
日焼け止めの有効成分にはタイムリミットがあるのです。日焼け止めのSPFとPAの数値によっても多少の変化はありますが、基本的には炎天下の中で活動している場合には、紫外線吸収剤成分配合の日焼け止めを使う場合には2~3時間おきに塗り直す必要があります。
特に汗っかきの人や肌が弱い人は、それよりこまめに塗り直さないと、効果が弱まります。

2.かぶれや湿疹の原因になる

紫外線を浴びると、紫外線吸収剤の成分が化学反応をおこしてしまうので、その状態のまま皮膚に残しておくと、肌荒れの原因になってしまいます。
特に敏感肌の人はこの化学反応成分が合わないと、かゆみやかぶれに直結してしまいます。
つまり塗るタイプの日焼け止めは、短時間でのふき取りが実は必須条件なのです。
詳しく説明しましょう。
日焼け止めを塗ってかぶれたり湿疹ができる原因として、紫外線吸収剤が紫外線や熱を一旦吸収して、それを化学反応を起こさせながら放出していく時の科学反応後の成分の刺激が強すぎる事が考えられます。
そして敏感肌の人は表皮の膜(バリア機能)が弱くなっていることが多く、化学反応してしまった紫外線吸収剤の成分が皮膚の内部へと浸透しやすくなっているのです。
皮膚膜は皮脂と水分から成っているわずか0.5ミクロンといった極薄の膜なのですが、敏感肌の人はこの皮膚膜の働きが不安定なので、紫外線を吸収して科学反応を起こした科学物質が皮膚内へと侵入してこようとします。
そのため、その毒素を排出しようと必死になって、湿疹として表面化されてしまうのです。
SPF30の場合でおよそ10時間、50の場合ですと16~17時間程持続力があるとは云われていますが、これはあくまでも理論値です。吸収剤の科学反応後の肌への負担を考えると、こまめな塗り直しが肌荒れを防ぐために必要です。

3.日焼け止めのクレンジングが肌をいためる

紫外線を浴びた後、短期間でふき取りをしないとかぶれや湿疹の原因になりやすい日焼け止め。
特に日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤といった刺激の強い成分が配合されているので、それを完全に落とさずに成分を残したままだと、色素沈着や肌荒れの原因となってしまいます。
ですが、こまめにふき取るとは、つまりクレンジングをするということ。
ただ余りにも洗浄力が高いクレンジングは皮脂といった潤い成分までも取り除いてしまうので、それによって肌のバリア機能が低下してしまうといった悪循環に陥ってしまいます。
皮膚の表面に付着したメラニンやほこり、細菌といった余分な物だけを取り除きながら肌への保護機能も高めていくためには、植物オイルやハーブ、和漢、フルーツ酸、植物性の天然オイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ成分などが配合されているクレンジングで多少緩和されます。
ただそのようなクレンジング剤はお値段も高めに設定されていることが多いため、実は高くついてしまいます。何より、こまめに塗って、おとして、は手間も大変かかります。

雑誌でも話題沸騰な「飲む日焼け止め」って?

日焼け止め

そんな効果がありながらもデメリットもある「塗る日焼け止め」の代わりに、最近大注目されているのが、「飲む日焼け止め」です。
飲む日焼け止めのメリットは何でしょうか?
色々ありますが、以下が主なメリットになります。

・日焼け止めの塗り忘れが無いのでうっかり日焼けを防げる

・日焼け止めの塗り直しがない

・日焼け止めで白浮きをする心配もない

・日焼け止めを塗った時のベタベタ感やテカりがない

・敏感肌やニキビ肌でも使用することができる

・海やプールに入っても問題なく紫外線対策ができる

・汗や水で日焼け止めが落ちる心配もない

・日焼け止めを塗る手間が省けるので時短ができる

・日焼け止めのムラ塗りがない

・副作用の心配がない(飲む日焼け止めサプリによる)

上記は塗る日焼け止めのデメリットそのものです。つまり「塗る日焼け止め」を「飲む日焼け止め」に変えると色々解決できるのです。そして、もう一つ注目したいことが「肌断食」ができるという点になります。

肌断食とは?

美容に関心が高い人なら「肌断食」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
肌断食とは肌のダイエットの事で、毎日当たり前のように洗顔石鹸、クレンジング、ローション、美容液、乳液、クリーム、美容クリームとトータルケアしていた状態から、そういった加工製品の使用を中止し、肌細胞が本来持つ機能を高めていくスキンケア方法です。
日焼け止めに限らず、お化粧をしている状態は、ファンデーションやアイシャドウなどが肌に塗られているため、肌が呼吸しづらく、本来の働きをすることができなくなってしまいます。その一つが新陳代謝です。
新陳代謝は肌のターンオーバーを促す大事な働きです。そのため、肌が新陳代謝できるように、日焼け止めや化粧をせずに、肌が呼吸できる日を作ることがとても大事なのです。

肌断食をするメリット

肌断食をする事によって皮膚に何も浸けていない状態になるので、皮膚呼吸がスムーズに行えるようになります。
皮膚呼吸がスムーズに行える事によって肌細胞達が活性化できるので、皮膚のキメを整える事が出来ます。
今まで当たり前のように使用していたスキンケアアイテムを極限まで減らしていく事によって、自分の本来の肌質と真摯に向き合う事が出来るので、その後のスキンケアアイテム選びも楽になります。

今まで購入していた様々なスキンケア代がほとんどかからなくなるので、美容費をかなり節約できるようになります。
長く肌断食を継続していく事によって自分の力でPhバランスを整える事が出来るようになるので、ニキビや吹き出物の予防にもなります。

肌断食のときにおすすめの「飲む日焼け止め」

夏場だけでなく年中紫外線は降り注いでいるので、特に毎日のように外出する人にとっては、日焼け止めを塗る事は必須条件。
ただウォータープルーフタイプの日焼け止めなどは、通常のクレンジングでは落ちにくく、強力な洗浄力のあるクレンジング(オイルクレンジングなど)や、洗浄力の高い洗顔料(酵素やフルーツ酸配合のピーリング効果のある物)を使用する必要があり、肌への負担が非常に大きいです。
そのため日焼け止めをしっかり洗い流した後の皮膚は皮脂までも除去してしまっている状態なので、乾燥やシワを防ぐためにどうしても保湿効果のあるローションや美容液、乳液、クリーム、美容クリームといったアイテムが必要となってきます。そうなると、いつまでたっても肌断食を行う事が出来ません。

そんな時にお勧めの紫外線ケアアイテムが、「飲む日焼け止め」です。
飲む日焼け止めの効果としては、紫外線を浴びて皮膚内に侵入してきたメラニンを除去していくだけでなく、抗酸化作用によって体内に蓄積されているメラニンを排出したり、ダメージを受けている細胞を活性化させる働きがあります。
外出する30分前に飲む以外でも毎日継続的に摂取し続ける事によって酸化した細胞達をよみがえらせる作用もあり、美肌効果や美白効果もあります。
またインナーケアとして肌細胞に栄養分を補給してあげる事によって、より肌断食の効果もアップできそうです。

「飲む日焼け止め」の選び方とは?

それでは飲む日焼け止めを選ぶポイントを紹介します。

紫外線への対策効果

やはり飲む日焼け止めを飲むならば、紫外線対策効果を知りたいですよね。
「ニュートロックスサン」「ナリンゲニン」「カルノシン酸」「ロズマリン酸」という成分の含有量で、紫外線への対策効果がわかります。

美容効果

女性でしたら気になるのが、美容効果です。
美肌効果や美白効果がある「プラセンタ」「コプリーノ」などの成分の含有量で、美容効果がわかります。

副作用の有無

飲む日焼け止めは、体に直接取り込むサプリメントなので、体に副作用がないかは確認しておきたいポイント。トラブルの報告がないかなどを加味しています。

コスパ

飲む日焼け止めは長く続けることによってより効果を発揮しますが、長く続けるにはコスパも重要。
一日あたり、いくらになるかということも考慮しました。

人気・口コミ

やはり人気や口コミが多く出ている飲む日焼け止めは安心感がありますよね。
口コミや人気モデルの間で使われているかを調査しました。

以上の点を考慮したランキングをご紹介しましょう。

icon-rank-tk02_m01飲む日焼け止めホワイトヴェール

ホワイトヴェール

・ニュートロックスサンが主成分で美容効果もバランスよく配合
・初回980円で4ヶ月継続の定期購入リニューアルで定期購入の縛りが無しに
・2回目からは4980円
・15日間の返金保証付き

ホワイトヴェール

当サイト一番のおすすめの飲む日焼け止めはホワイトヴェールになります。

■紫外線への対策効果

ホワイトヴェールは、スペイン産の植物のシトラスの果実やローズマリーの葉から抽出された天然ポリフェノールで作られたニュートロックスサンという成分が主成分になります。
紫外線の強い地域で育った植物には高い紫外線への耐性ができることを利用した成分になります。
臨床試験では、ホワイトヴェールを85日服用した被験者は紫外線に対して60%の耐性を得ることが実験で実証されています。
約三ヶ月にわたってホワイトヴェールを飲み続けることにより約2/3の紫外線をカットできるのは飲む日焼け止めの中でもトップクラスの効果です。

■美容効果

更に美容効果が高いメロンプラセンタも成分として入っています。
プラセンタは胎盤の事を意味し、お肌の新陳代謝を高める働きがあります。
シミやしわなどは新陳代謝を高めることにより改善されることが分かっていますのでそれも心強いですね。

■副作用の有無

ホワイトヴェールは、副作用の心配もほとんどありません。
成分の99.9%が天然成分で作られており副作用にも配慮されています。

■コスパ

初回は980円ととてもお得になっています。
定期購入の縛りが無いので飲む日焼け止めが初めての人は購入しやすいでしょう。
6ヶ月継続した場合の1日辺りの費用は約143円と、他の飲む日焼け止めに比べて安く抑えられているのも嬉しいところ。
高い飲む日焼け止めだと一日200円以上のもあります。

■人気・口コミ

ホワイトヴェールは、SNSやインスタグラムなどで多くの人気モデルが使用していることでも知られています。

■まとめ

ホワイトヴェールは、紫外線対策に必須なニュートロックスサンも含まれているほか、美容成分もバランスよく配合されています。迷っている場合には是非試してもらいたい、飲む日焼け止めになります。

実際にホワイトヴェールを試してみました。
ホワイトヴェールの悪い口コミはある?効果は本当にあるの?

詳しくは是非、公式サイトをご覧ください。
公式サイトはこちらからどうぞ。
ホワイトヴェールについて詳しく見てみる

icon-rank-tk02_m02メディパラソル

・地中海産ポリフェノールが主成分
・ナリンゲニン、カルノシン酸、ロズマリン酸と紫外線対策を意識した成分を多く配合
・初月は990円(毎月500名限定)
・次月からも2940円と飲む日焼け止めの中でもコスパは抜群に良い

メディパラソル

2位はメディパラソルになります。

■紫外線への対策効果

メディパラソルの主成分は地中海産ポリフェノールになりますが、「ナリンゲニン」や「カルノシン酸」、「ロズマリン酸」と、紫外線対策に有効な成分が多く含まれています。

■美容効果

「ナリンゲリン」には抗酸化作用が、「カルノシン酸」には鎮静作用が、「ロズマリン酸」には抗酸化作用があり、美肌効果も期待できます。

■副作用の有無

天然素材で100%作られているので、とても安心です。

■コスパ

飲む日焼け止めの中でもコスパがとても優れています。一日辺りにすると約87.1円となり、紹介する飲む日焼け止めでも断然コスパがいいです。(6ヶ月使用した場合で計算)

■人気・口コミ

人気雑誌で活躍中の美容ライターさんが愛用しています。

■まとめ

コスパ重視で飲む日焼け止めを選ぶならメディパラソルがおすすめです。

公式サイトはこちらからどうぞ。
メディパラソルについて詳しく見てみる

icon-rank-tk02_m03インナーパラソル16200 for UV

インナーパラソル

・ニュートロックスサンの含有量で選ぶならこれがおすすめ。
・美容成分も多く配合されている

インナーパラソル

3位はインナーパラソルになります。

■紫外線への対策効果

主成分はホワイトヴェールと一緒になりますが、その含有量が高いのがインナーパラソルの特徴です。
ニュートロックスサンの推奨値は250mgですが、それを超えています。
ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めは多くありますが、推奨値を超えるのはそう多くありません。
紫外線対策を何より優先するならホワイトヴェールよりもおすすめといえます。

■美容効果

セラミド成分のパインセラや抗酸化作用が高い希少なキノコ、コプリーノなど美容効果が高い成分も含まれています。

■副作用の有無

厚生労のGMP基準認定や有機JAS認定や放射能検査など安全面にも配慮されています。

■コスパ

初回費用は990円と安いものの通常の月は5,600円とコスパが悪いのが残念なところ。
1日あたりにすると161円になります。(6ヶ月使用した場合で計算)

■人気・口コミ

海外セレブでも利用している人がおり、雑誌で紹介されたことがあります。

■まとめ

インナーパラソルはコスパを気にせず、紫外線対策をしっかりしたい女性におすすめです。
公式サイトはこちらからどうぞ。
インナーパラソル16200 for UVについて詳しく見てみる

4位 雪肌ドロップ

雪肌ドロップ TOP

・初月1980円で定期縛りはなし(先着300名)
・次月から6480円

雪肌ドロップ

4位は雪肌ドロップになります。

■紫外線への対策効果

主成分は他飲む日焼け止め同様、ニュートロックスサンになります。
紫外線耐性効果も56%カットとホワイトヴェールほどではないですが、とても高い水準です。

■美容効果

メロンプラセンタの成分が入っているなど美容効果も高いです。

■副作用の有無

厚生労のGMP基準認定をとおっているので安心です。

■コスパ

初月は1980円と安くなっていますが、2回目からは6480円と高めです。
1日あたりにすると191円(6ヶ月使用した場合で計算)ですが、その分定期購入の縛りはありません

■人気・口コミ

多くのお試しされた方が、効果があるとうことでリピートされています。

■まとめ

飲み続けられるかどうか心配な方は、定期購入がない雪肌ドロップがおすすめです。

公式サイトはこちらからどうぞ。
雪肌ドロップについて詳しく見てみる

「飲む日焼け止め」のランキングをもとに紫外線とおさらばしよう!

いかがでしたか?飲む日焼け止めのランキングをご紹介しました。
2016年から爆発的な人気になっている飲む日焼け止めサプリですが、メリットを見ると納得です。是非、この機会におすすめの飲む日焼け止めサプリをチェックしてみてくださいね。
最後に、ランキングを再掲載します。

ぜひ「飲む日焼け止め」を日々の習慣にして、シミ・そばかすからあなたの素肌を守りましょう。

icon-rank-tk02_m01ホワイトヴェール(バランスで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m02メディパラソル(コスパで選ぶならコレ)

icon-rank-tk02_m03インナーパラソル16200 for UV(紫外線対策効果で選ぶならコレ)

LINEで送る
Pocket

人気記事一覧