日焼け止めを塗っているのに焼ける!原因と対策を解説

日焼け止めを塗っているのに焼ける!原因と対策を解説

「日焼け止めをしっかり塗っているはずなのに何故か日焼けしてしまう」

「1日外で過ごしただけでも新しいシミが出来てしまう」

といった悩みをあなたは抱えていませんか?

日焼け止めを塗っているのに焼けてしまうというのは何か原因があるのかもしれません。

今回は日焼け止めを塗っているのに焼ける原因と、今後焼けないようにする対策について解説していきたいと思います。

日焼けしやすい体質ってあるの?

日焼け止めをきちんと塗っているのにも関わらず、それでも日焼けしてしまう原因として考えられるのが体質によるものです。
皮膚の表面には健康な肌の人には通常0.02mmぐらいの膜があります。
この皮脂膜は汗と皮脂と水分から成っているのですが、ピーリングしすぎて大切な皮脂膜まで除去してしまったり、アトピーやphバランスの乱れによって皮脂膜がない人や弱い人は、外気の汚れや紫外線がそのまま皮膚の内部へと通過しやすくなるので、紫外線を浴びるとメラニンがどんどん侵入してくるようになります。
そうならないために健康的な皮脂膜をキープしていくための条件があるので紹介しましょう。

正常なターンオーバー

ターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角質がそのまま表皮の残ってしまいます。
それによって乾燥肌を招いたり、毛穴が塞がってしまいメラニンの排出が滞り、シミができやすくなってしまうのです。

phバランスを整える事

皮脂バランスともいうのですが、表皮の皮脂と水分のバランスを保つ事によって健康的な皮脂膜を保つ事が出来ます。
コツとしては、その時の気候や体調に合わせたスキンケアを行う事です。
汗をよくかく時期は皮脂の分泌が盛んになるので、スキンケアもローションと美容液、乳液もしくはクリームだけに留めておくようにしましょう。
もしも肌が乾燥していると感じた時には、保湿効果の高いローション、美容液、乳液もしくはクリームの後に美容オイルで蓋をすると、それぞれの成分が蒸発するのを防ぐ事が出来ます。
季節以外でも生理の前後や食生活によってもphバランスは変化するので、その時々の肌のコンディションに応じたスキンケアが行えるように、スキンケア製品もさっぱり系、しっとり系といった風にいろいろなアイテムを揃えておきましょう。

肌の免疫力を高める事

肌の免疫力が弱いと外気の細菌やニキビ菌、紫外線によるメラニンを撃退するパワーも衰えてしまいます。
細胞が本来持っている抗酸化パワーが弱まる事によって、日焼け止めを塗っているにも関わらずに紫外線によるメラニンが侵入しやすくなり、メラニンの排出が滞ってしまって、そのまま蓄積されてシミやくすみを招いてしまうのです。
メラニンの排出を高めるためには抗酸化パワーをアップする事が大切なので、普段から食事の中でブルーベリーやトマト、バナナ、にんにく、パセリといったフィトケミカルを多く含む食品を積極的に摂取していきましょう。
さらに体内の酵素の生産量が衰えてしまうと、新しい肌細胞の生成も滞ってしまいます。
酵素は加齢と共に体内の生産量も次第に減ってくるので、酵素液を摂取したり、酵素の働きをサポートするコエンザイムQ10のサプリメントやスキンケア製品を活用しながら細胞の活性化を図って下さい。

日焼け止めを塗っているのに焼ける原因とは

それでは日焼け止めを塗っているのに焼けてしまう原因は何でしょうか?
その事についていくつか解説したいと思います。

去年の日焼け止めを使用している

意外と多いのが去年の日焼け止めを使用しているというケースです。

・日焼け止めの使用期限

日焼け止めを塗っているのに日焼けしてしまう原因としては、日焼け止めの使用期限が切れている事が考えられます。
日焼け止めとして機能しなくなった事を見極めるポイントがあります。

・使用期限のチェック

昨年使用していた日焼け止めを再度使用する際には、使用期限をチェックするようにして下さい。
もしも使用期限を大幅に過ぎていた場合には、その日焼け止めは肌に塗ると逆に酸化を招く原因にもなるので即廃棄したほうが良いです。

・嫌な臭いがしないかどうか?

日焼け止めの保管場所が日の当たる場所の場合や室温が高い場所の場合に、成分が変質して嫌な臭いがしてきたり、成分が分離している場合があります。
それをそのまま顔に塗ってしまうと、酸化してシミやくすみを招く原因となるので使用せずに廃棄しましょう。
スキンケア製品や日焼け止め、ファンデーションといった肌に直接塗る物は、冷蔵庫で保管すると開封後であってもベストコンディションを長く保つ事が出来ます。

・防腐剤配合の日焼け止めについて

日焼け止めの成分に防腐剤が使用されている場合には、開封後でも1年ぐらいは使用できます。
開封していなければ、3年ぐらいもつ物もあります。
使用期限以内であっても、月日が経過していて使用するのに心配な場合には、顔用でなく、ボディ用として使用するようにすると良いでしょう。

薄く塗り過ぎている

日焼け止めをケチって薄く塗るのが原因の場合があります。
ちゃんと適量を塗る様に注意しましょう。

・日焼け止めを塗る時のコツ

日焼け止めも塗る時に薄く塗っていたら、せっかくの日焼け止め効果も無効になってしまいます。
特に皮膚の薄い鼻、おでこ、頬といった風に突き出ている部分は特に日焼けしやすいので、たっぷりと成分が浸透するまで塗る事が大切です。

日焼け止めの塗り方のコツ。化粧下地との順番はどうしたいい?

・重ね塗りをしてみる

日焼け止め成分を有効にさせるコツとしては、重ね塗りをする事です。
重ね塗りをしてメイクがヨレないようにするコツとしては、化粧水を浸けた後に化粧下地効果や保湿効果のある日焼け止めを使用する事です。
そうすれば2回程重ね塗りをしても、メイクがヨレるのを防ぐ事が出来ます。

日焼け止めの塗り直しをする

日焼け止めの塗り直しをちゃんとしないのも焼ける原因になる場合があります。

・何時間おきに塗り直しをしたらいいの?

屋外で長時間過ごしている場合には、日焼け止めの塗り直しは2~3時間おきに行うのがベストです。
日焼け止め成分がメラニンを吸収している状態でそのまま放っておく事によって、せっかくブロックしているはずのメラニンも、毛穴からどんどん侵入してしまいます。
それを防ぐためには、紫外線を吸収している日焼け止めを数時間おきに塗り直す事です。
そうすれば日焼け止め成分に吸収されているメラニンをリセット出来ます。

化粧の上から日焼け止めを塗り直すコツとは?時短で化粧直しをする方法

日焼け止めの効果の持続時間は?塗り直しの方法を徹底解説

日焼け止めの塗り直しをするタイミングについて

それではどの様な時に日焼け止めの塗り直しをしたらいいのでしょうか?
いくつかの目安を解説します。

・汗をかく

汗をかいて、日焼け止めが流れてしまったら即塗り直して下さい。
汗には水分以外にも皮脂が含まれているので、日焼け止めの成分と融合するので流れやすくなるのです。
日焼け止めの効果が薄れるだけでなく汗には塩分も大量に含まれているので、それをそのまま表皮に残しておく事によって細菌の繁殖を招いてしまいます。
塩分によって肌がかぶれる事もあるので、早めに塗り直しましょう。

日焼け止めで汗をかいた時の対処法や注意点とは

汗をかきやすい人におすすめの日焼け止めの選び方とは

・顔を良く触ったり、頬杖をつく

顔を触る度にメイクや日焼け止めが落ちていきます。
これは無意識の癖による場合が多いので、時間が経過したら塗り直すようにして下さい。

・皮脂が浮いてくる

日焼け止めがウォータープルーフタイプの場合には油分を多く含んでいるので、皮膚に浸けていると過剰皮脂状態を招く事になります。
それでメイクがテカってきたのを感じたら、早めに塗り直して下さい。
過剰皮脂状態のまま放っておくと、皮脂を好むニキビ菌の餌となってニキビが繁殖してしまいます。
皮脂が浮いているという事は成分が酸化を始めている前兆なので、酸化した成分によって肌がくすんでしまうので早めに塗り直しましょう。

曇りだからと言って日焼け止めを塗らない

曇りの日でも晴れの日の60%ぐらいは紫外線が降り注いでいます。
薄曇りの日になると通常の80%ぐらいは紫外線が降り注いでいるので、晴れの日同様に日焼け止めを塗る必要があります。
但し、晴れの日みたいにSPF50、PA++++といった最高値の物を使用する必要はありません。
SPF20~35、PA++前後の日焼け止めで充分なので、しっかりと紫外線防止対策をして下さい。

日焼け止めの塗り忘れをしている

メイクする時に日焼け止めを塗るのを忘れていた場合には、日焼けしやすくなります。
塗り忘れを防ぐコツとしては、紫外線防止効果のある日中用美容液や乳液、化粧下地、ファンデーション、CCクリーム、BBクリーム、フェイスパウダーを活用する事です。
そうするとそれぞれに紫外線防止効果がSPF20、PA++前後あった場合には、メイクをしているだけでも充分紫外線防止が出来るという訳です。
日焼け止めは、メイクアイテムを活用しても出来るという事を心得ておいて下さい。
そうすると塗り忘れも防ぐ事が出来ます。

日焼けを絶対したくないなら飲む日焼け止めを並行使用する

今は、日焼け止めは「塗る」時代から「飲む」時代に変わりました。
飲む日焼け止めサプリの大流行になっています。
飲む日焼け止めはサプリになっているので一日一回飲むことで簡単に紫外線対策をすることができます。

「日焼け止めの塗り忘れがない」

「日焼け止めの塗り直しがない」

「日焼け止め塗るのがめんどくさい」

「汗をかいたり、塗れたりしても問題ない」

「塗りムラを気にする必要はない」

など多くのメリットがあります。
さらに絶対日焼けしたくなければ日焼け止めとの並行使用がおすすめです。
体の内側からと外側から紫外線対策でがっちりガードしましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。
飲む日焼け止めについて見てみる

さいごに

今回は日焼け止めを塗っているのにも関わらずに日焼けしてしまう原因と、今後日焼けしないための対策方法について解説してきました。
日焼け止めも塗り方や塗り直すタイミングによってその効果も劇的に変わってくるので、日焼け止めの活用方法をしっかりマスターして上手に使いこなしていって下さい。

日焼け止めが効かない?塗っても焼けるのはなぜ?

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧