ウォータープルーフの日焼け止めのメリット、デメリットとは

日焼け止め

最近では肌が美しい女子がたくさん増えてきました。
年中手を抜かずに美白に励んでいる女子にとって、季節やシーンにマッチした日焼け止め選びは肌をいたわるためには重要なポイントです。
今回はウォータープルーフの日焼け止めのメリットとデメリットについて、解説していきます。

■ウォータープルーフの日焼け止めの特徴とは?

お店で日焼け止めを購入する際に、よくウォータープルーフと記載されている日焼け止めを見かけるかと思います。
では、ウォータープルーフって一体どのような効果があるのでしょう?
ウォータープルーフとは、防水加工の事で汗や水に強いので、汗っかきの人や海やプールで活動する人にお勧めの日焼け止めです。
汗や皮脂にも強いので、真夏の紫外線対策には是非候補に入れておきたいアイテムですね。
ウォータープルーフタイプの日焼け止めには、シクロメチコンやジメチコンといったシリコン成分が配合されています。
シリコンの特徴としては水や油に解けないので、通常の洗顔石鹸だけでは洗い流す事は難しいようです。
同じ成分であるシリコン系のクレンジングか、オイルクレンジングで洗い流す必要があります。

■ウォータープルーフタイプの日焼け止めのメリットについて

日焼け止め

ウォータープルーフタイプの日焼け止めのメリットについて、これから解説していきます。

●汗や水、皮脂に強い

真夏の屋外で活動する時に、お勧めの日焼け止めです。
特に汗っかきの人は、何度も日焼け止めを塗り直すといった手間が省けるので大変便利なアイテムです。
ただいくらSPFとPAの数値の高いウォータープルーフの日焼け止めでも、日焼け止め効果が持続する時間にも限りがあるし全く汗や水で落ちないという訳でもないので、焼かないためには数時間おきに塗り直す事が大切です。

●進化したウォータープルーフタイプの日焼け止め

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、一昔前だったら紫外線防止効果は高いけれど塗るとベタベタする、肌が荒れるといったデメリットがありました。
でも最近では、そういったデメリットを解消するアイテムも続々と登場しています。

・ジェル状のウォータープルーフ日焼け止め

肌に塗った時にべたついたり、テカったりしないので、化粧下地としてお勧めです。

・色素が肌に直接触れない加工のウォータープルーフ

従来のウォータープルーフタイプの日焼け止めの特徴としては、水や汗、皮脂にも強くするために肌への色素密着度が高かったのですがそれでは肌に負担がかかるので、色素が肌に触れないように加工する事によって肌への負担を最大限に押さえている開発成分です。

・美容成分配合のウォータープルーフ日焼け止め

美容成分配合の物だと、浸けている時に紫外線をブロックしながら同時に美肌ケアもできます。
ヒアルロン酸、天然ハーブ、海洋深層水といった肌に優しい成分が配合されているので乾燥や肌荒れを防ぐ作用があります。

・紫外線吸収剤不使用、無着色、無香料

赤ちゃんから大人まで使える肌に優しい日焼け止めです。
赤ちゃんの頃から日焼けしてメラニンを体内に蓄積していくと健康上様々な問題が発生するので、早いうちから紫外線対策をしてあげましょう。

■ウォータープルーフタイプの日焼け止めのデメリット

日焼け止め

ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用するデメリットとしては、肌がアルカリ性に傾きやすい事です。
基本的に美肌のベストコンディションとしては、Phコントロールといって健康的な肌はいつも弱酸性の状態です。
このバランスが崩れてしまうとターンオーバーが滞ったり、ニキビの元になるアクネ菌やアトピーの原因となる黄色ブドウ球菌が繁殖してしまうのです。
さらに保湿力が低下して肌が乾燥し毛穴がたるんで開ききってしまうので、肌の内部から水分がどんどん蒸発してしまいます。
それを防ぐには、オイルカット成分の日焼け止めを活用するのがポイントです。
Phバランスを保つためのポイントとしては、オイルカット成分の日焼け止めです。
例えばオイルを加えていない化粧水の方が肌内部の酵素が活性化するので、肌のターンオーバーも正常に働くのです。
お勧めの日焼け止めとしては、

・紫外線吸収剤フリー

・無着色、無香料

・ノンケミカル、ケミカルフリー

紫外線散乱剤を使用したもの。
肌の表面で紫外線を反射してブロックし、拡散させていく作用があります。
洗顔石鹸でも簡単に落とせる点が肌にマイルドなので人気の秘訣です。
但し紫外線防止効果は弱く短時間での塗り直しが必要となってくるので、使用する際には曇りや雨の日、冬場、短時間の外出といった用途がお勧めです。

●ウォータープルーフのデメリットを考えると飲む日焼け止めもおすすめ

日焼け止め

ウェータープルーフのデメリットを考えると使用するのを躊躇してしまいますよね?
でも汗や海にはいる時に日焼けをしたくないという気持ちもあります。
その様な時には飲む日焼け止めがおすすめです。

今は塗る日焼け止めから飲む日焼け止めが主流になりつつあります。

飲む日焼け止めのメリット

・汗や海に入っても問題なし

・塗り忘れがない

・一度飲んだら一日持つものも多い

・日焼け止めによる肌荒れやかぶれや湿疹がおきない

・ニキビやアトピーを悪化させる心配がない

・日焼け止めの塗り直しの心配がない

・クレンジングやダブル洗顔で落とす必要がない

など挙げるとたくさんあります。

もしウォータープルーフの日焼け止めが肌に合わない時は飲む日焼け止めをおすすめします。

飲む日焼け止めのおすすめランキングはこちらです。
飲む日焼け止めサプリのおすすめランキングはコレ!

■まとめ

今回はウォータープルーフタイプの日焼け止めのメリットとデメリットについて解説していきましたが、それらの日焼け止め効果や持続性、肌に与える影響についてしっかり理解出来ましたか?
紫外線の量も季節やその日の天気によって大幅に変化してきますし、外出する時間によっても活用する日焼け止めを変えた方が肌への負担はかなり軽減されます。
紫外線対策のために揃える日焼け止めも、このようにシーン別に揃えておいて、その日の紫外線の量によって上手に使い分けていくと良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧