日焼け止めを毎日顔に塗るとどんな悪影響がある?

 

「日焼け止めを塗るとニキビや肌荒れを起こしてしまう…」

「日焼け止めを毎日塗っているけどデメリットって何かある?」

「日焼け止めを毎日塗らなければいけないの?」

「日焼け止めを毎日塗るのがめんどくさい」

なんてあなたは思っていはいませんか?

美白イコール毎日日焼け止めを塗る事だと思い込んでいる人って結構いるみたいですが、果たして本当にそうなのでしょうか?
日焼け止めもカバー力が強いので、毎日のように塗り続ける事によって様々な肌トラブルを招くリスクも高まるみたいです。
今回は毎日日焼け止めを顔に塗り続ける事によって、どのような悪影響があるのか?といった事を検証していきたいと思います。

日焼け止めを塗るとNGな季節とは?

日焼け止めを塗る本来の目的としては、強力な紫外線をブロックする事です。
そう考えると紫外線量が強力になる5月~8月の期間の外出時以外は、毎日のようにSPF50、PA++++といった強力な日焼け止めを必ず毎日塗らなければいけないという事はないようです。
逆に3月下旬から4月の中旬、9月中旬から10月にかけてといった季節の変わり目には、人間も脱皮する時期です。
表皮の皮脂膜も剥がれて機能が低下している可能性もあります。
肌がいつもに比べて過敏になってきています。
皮脂の分泌量も低下しているので、乾燥やかぶれといった肌トラブルに見舞われるようになります。
このように肌が過敏な時期に刺激の強い日焼け止めを塗ってしまうと逆に肌荒れを起こすリスクが高まります。
もしも日焼け止めする際には、以下を注意してみてください。

・オーガニック成分

・紫外線吸収剤不使用

・SPF30前後、PA++前後

・ノンケミカル

といった風に肌への刺激の少ない者を選ぶようにしましょう。

日焼け止めを塗るとメイクが厚塗りになる?

最近では化粧下地やコントロールカラー、ファンデーション、CCクリーム、BBクリーム、ファイスパウダーのそれぞれにSPF15~35、PA+~+++程度の日焼け止め成分が配合されている化粧品がメインになっています。
そう考えると真夏日といった紫外線量が強力な日以外は、メイクアイテムに配合されている日焼け止めだけでも充分だという事です。
過剰に日焼け止め、コントロールカラー、ファンデーション、フェイスパウダーと塗り重ねてしまう事によって、皮膚呼吸を妨げてしまったり、表皮が過剰皮脂状態に陥ってニキビや吹き出物が発生するようになります。
過剰ケアは肌トラブルを招く要因となるので、その時々の紫外線量や外出時間を分析していきながら、日焼け止め対策もフレキシブルに対応していきましょう。

日焼け止めを毎日塗る事によって老廃物が溜まりやすくなるリスク

日焼け止めを毎日のように塗る事によって、皮脂が溜まりやすくなったり、クレンジングできちんと落とせなかった場合に老廃物が溜まりやすくなります。
老廃物が蓄積されていく事によって、むくみやくすみを招いてしまいます。
老廃物の蓄積によって表皮が角質肥厚状態となって毛穴の詰まりを招いてニキビができやすくなるだけでなく、皮膚が次第に固くなっていってシワができやすくなってしまいます。
肌がごわごわして笑う度に顔中にシワが寄っていって老け顔を招いてしまうので、紫外線が強い日以外は、日焼け止めを塗るのは控えた方が良いかもしれません。
肌が何だかごわごわして角質肥厚状態に陥っていると感じたら、ゴマ―ジュやピーリング、フルーツ酸、スクラブケアをして、古い角質を取り除いていきましょう。
その時も無理矢理こすって剥がそうとすると逆にシワやシミの原因となるので、ピーリング作用のある成分を肌に浸透させて自然に古い角質が剥がれて落ちていくのを待つ事が大切です。
日焼け止めは非常にカバー力が高いアイテムなので、使用する時も制限していって老廃物を溜めないように注意して下さい。

飲む日焼け止めで日焼け止めを塗らない日を作る

この様に日焼け止めを毎日塗ってしまうとニキビや肌荒れなどの肌のトラブルを招く原因になってしまいます。
なので定期的に日焼け止めを塗らない日を作る事も大切です。
でも「毎日外出するから日焼け止めを塗らないっていうのは無理!」っていう人もいると思います。
そういう人におすすめなのが飲む日焼け止めになります。
今の時代は塗る日焼け止めばかりではなく、飲む日焼け止めもあるんです。
飲むことにより、皮膚に日焼け止めを塗らないのでニキビや肌荒れになるのを防ぐことができます。
また日焼け止めを塗らないことで肌本来の新陳代謝(ターンオーバー)の促進にも繋がるでしょう。
飲む日焼け止めはサプリメントですが、美容成分が入っている商品も多いです。
ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを抱えている人は飲む日焼け止めに変えるといいかもしれませんね。
詳しくはこちらをどうぞ。
おすすめの飲む日焼け止め

まとめ

今回は日焼け止めを毎日顔に塗る際の悪影響について、解説してきました。
紫外線をブロックしてくれる日焼け止めも、紫外線が強くない日でも毎日のように塗っていくと、角質肥厚を招いたり過剰皮脂状態に陥ったりと様々なトラブルに見舞われがちです。
その時の紫外線量や外出時間に応じて日焼け止めの使用も選択していけるように、普段からスキンケアと同様に使用するメイクアイテムにも注意を払っていって下さい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧