30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

日焼け止めの重ね塗りは効果ないって本当?知らないと恥ずかしいですよ

日焼け止め

「日焼け止めの重ね塗りをすると効果は倍になったりする?」

「違う日焼け止め同士を重ね塗りするとどうなる?」

なんてあなたは思っていませんか?
一度は疑問に思うのが日焼け止めの重ね塗りではないでしょうか?
結論から言うと日焼け止めの重ね塗りは効果が期待できません。
そのことについて解説していきましょう。

日焼け止めのSPFとPAの意味

ご存じだとは思いますが、まずは日焼け止めのSPFとPAについて解説します。

SPFとは

SPFは Sun Protection Factor の頭文字です。
SPF値は紫外線B波をカットしていられる時間を数値化したものです。
紫外線B波は波長は短いですが、強力な紫外線のため、シミや皮膚癌の原因となります。また、日焼けや水ぶくれの原因となるのはこの紫外線B波です。
数値の表示方法は、20分の間で素肌の時よりも日焼けを防げる時間をどのくらい延ばせるか、というものです。
決して数値が高いものが強い光をブロックしてくれるものではありませんので、注意が必要です。
SPF値×20分すると、一度塗った場合の保ち時間が計算できます。
ただし、SPF値の高いものですと、肌への負担も大きくなりますので、特に敏感肌の方は数値の低いものを一日に何度か塗りなおしましょう。
また、汗などで流れてしまうものですから、計算通りに保つとは限りません。流れてしまったら、こまめに塗りなおすことをおすすめします。

PAとは

PAは Protection Grade of UVA の略です。
PAの+値は紫外線A波から肌を守る力を表しています。
紫外線A波はB波と違い、波長が長く、弱めの紫外線ですが、肌の奥、真皮まで届いてしまうため、じわじわと作用します。これが、しわやたるみの原因となります。
PAは+が1つから4つまでの4段階で効果の強さが表示されています。
+が多いほど紫外線A波を防ぐ力が強くなっています。
また、A波は雲や窓に遮られないため、曇りの日や屋内でも影響を受けます。
外に出ない日でも日焼け止めを塗り、予防しましょう。
このPAもSPFと同じで、効果が高いものほど肌に負担がかかりますので肌や体調と相談しながら使用すると良いでしょう。

日焼け止めと化粧下地などの塗る順番について

日焼け止め

日焼け止めは化粧や下地の前、一番最初に塗ります。
しかし、その前にしっかりと基礎スキンケアを済ませてから塗るようにしましょう。
乳液やクリーム、美容液などによる化粧崩れが心配な方もいらっしゃると思います。
その場合は化粧水をいつもより多めに肌に入れ、化粧水が逃げないように美容液や乳液で蓋をし、肌に浸透してから日焼け止めを塗布してください。
日焼け止めだけではなく、肌の水分によって潤った細胞一つ一つが、紫外線や刺激から真皮を守ってくれます。
日焼け止めは柔らかいものや、リキッドタイプのものだと均一に伸ばしやすいです。化粧のヨレが気になる方は、日焼け止めが肌に馴染むのを待ってから下地やファンデーションをのせていきましょう。

日焼け止めとUVカット効果がある化粧下地の重ね塗りは効果ある?

近頃は下地やファンデーションに日焼け止め効果のあるものもありますが、日焼け止めのSPF・PA数値と合わせて効果が高まることはありません。
数値の高いほう1つの効果のみ残ると覚えておきましょう。
紫外線予防の効果が大きいと肌負担もそれだけ大きくなります。効果の高い日焼け止めを使っている場合は、
下地はほどほどのものにしましょう。逆に効果の弱い日焼け止めの場合は、下地を効果の高いものへと変えると効果が発揮されやすくなります。

日焼け止めと違う種類の日焼け止めの重ね塗りは効果ある?

日焼け止め

日焼け止めの中にもリキッドタイプやクリームタイプ、スプレータイプやミストタイプといろいろ種類があります。
それぞれの併用については、上記の重ね塗りの項目にある通り、相乗効果は見込めません。
日焼け止めの効果を高め、持続させるには、塗りなおすことが一番です。
アイメイク以外の化粧を拭き取りタイプなどのメイク落としで除去し、保湿後、再度日焼け止めからメイクアップをし直す方もいると聞きます。
しかし、日常的に一度化粧を落とし、塗りなおすのは大変です。
その場合には、スプレータイプなどのもので補うことで効果が得られます。
スプレータイプのものは塗りやすく、化粧室などで簡単につけられます。
ただし、ムラになりやすいので、スプレーをふった後に、手で押さええるなどして、顔全体を守りましょう。
また、ファンデーションに日焼け止め効果のあるものを使うと、化粧直しの度に塗りなおせます。
「そろそろ日焼け止め効果が薄くなる時間だな」と思ったら、日焼け止め効果のあるファンデーションで上からカバーしましょう。
自分の都合や外出先に合わせてどのタイプの日焼け止めを使うか選んでみてください。

日焼け止めの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の重ね塗りは効果ある?

紫外線吸収剤と散乱剤は、効果が違うため、重ね塗りによって両方の効果を得られます。
しかし、2つの併用は肌への負担が倍増しますので、どうしても焼きたくない時に数時間の使用が好ましいです。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、エネルギーに変化させて放出することによって肌を守ります。
日焼け止め効果としてはこちらの吸収剤のほうが高いです。
有機化合物ですが、ムラ無く塗れて使用感が良いのが特徴です。
しかし、効果が高く、化学変化による効果なので、肌トラブルをおこすリスクもあります。
そのため敏感肌の方には好まれません。
また、化学変化によって紫外線と戦うものなので、化学変化が起きたところから、構造が壊れ、効果が無くなっていきます。これは、塗りなおすことで効果を持続させられます。
最近では、シリコンなどで分子を包みこむことで肌負担を減らしている製品もありますので、成分を確認して選ぶと、自分に合ったものを見つけられるでしょう。

紫外線吸収剤によく使われる成分

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン-3 など

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を反射して肌に紫外線が当たるのを防ぐ効果があります。
こちらはノンケミカルと謳われ、肌負担が少なく、効果が持続しやすい特徴があります。
使用感が悪く、白浮きしたり、べたべたしやすいことも特徴となります。
使用感を高めるために、粒子を小型にしている場合もあります。
しかし、粒子が小さくなった事で、体内への吸収が高まり、その影響が体に及ぼす効果を検証しきれていないのも実状です。
また、散乱剤の成分に使われる、酸化チタンや酸化亜鉛は紫外線に当たると活性酸素が発生します。それが有機物や菌を分解する化学変化(光触媒作用)を起こし、肌への刺激となる場合があります。

紫外線散乱剤に使われる成分

・酸化チタン
・酸化亜鉛 など

日焼け止めの違うSPFの重ね塗りは効果がある?

日焼け止め

残念ながら重ね塗りには効果はありません。
使用した日焼け止め効果の「一番高い数値の効果が残る」と覚えておくと良いと思います。
しかし、化粧下地には汗や皮脂に強く作られているものがありますので、その効果によって日焼け止め効果を長持ちさせることは出来ます。
併用が必ずしも悪い訳ではありません。
しかし、ウォータープルーフの製品は、肌へ密着し、留まる強さがありますので、その分肌負担も大きくなります。自分の肌と、体調、ロケーションなどと相談しながら使い分けましょう。

日焼け止めを重ね塗りする場合のデメリット

日焼け止めの重ね塗りは、効果の高いものを併用するればするだけ肌負担がかかります。
紫外線吸収剤と散乱剤の併用であっても、負担は大きくなりますので、屋外でのスポーツなど「ここぞ」という時だけに止めるのが良いでしょう。
SPF値やPA値が高いもの一つだけの使用でも負担は大きくかかりますので、使用時間、頻度、自分の体調を考えて、使用するか決めましょう。
重ね塗りをする事よりも、塗りなおす事を意識して、使用する日焼け止めを選ぶ事が大事です。
それが、肌への負担の軽減、日焼け止め効果の発揮につながります。

さいごに

日焼け止めは肌に直接つけるものですから、自分にあったものや、使用シーンを選ぶことが大切です。
また、基礎スキンケアを怠ると肌トラブルも起きやすくなります。
どうしても肌へ負担のかかるものですから、日焼け止めや化粧の前には必ず保湿をして、素肌を守りましょう。
日焼け止めが肌に良いものであるというのは間違った認識です。
「日焼けによるダメージよりも、肌への負担や刺激を減らすために日焼け止めを使用する」という考え方が健康的かと思います。
一日中日焼け止めや化粧をつけた肌は酷使されています。
家に帰ったら全てをしっかりと落とし、保湿を心がけましょう。
化粧水は一度にたくさんつけるよりも、浸透させながら少量を何度かつけると効果的です。
まず、基礎スキンケアで肌を守り、その後に日焼け止めで紫外線から肌を守りましょう。
肌の状態や、アレルギーを起こすもの、刺激を感じるものは人によって異なります。
現在発売されている日焼け止めは多種多様で、自分にあったものを選ぶのは難しいかもしれませんが、使用する人それぞれが成分などを認識して、肌トラブルを回避しましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧