30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

長袖を着れば日焼け止めは不要?正しい紫外線対策とは

 

「長袖を着ていると日焼け止めは塗らなくても大丈夫?」

「服の素材は紫外線を通さないの?」

そういう疑問はありませんか?

服を着ているからと言ってすべての紫外線を通さないわけではありません。

実は素材が大きく関係しています。

もし、紫外線対策として長袖を着ようと思っているなら是非こちらの記事をごらんください。

それではどうぞ。

長袖を着ると日焼け止めは不要?

次第に暑さが増す時期になりましたが、ふとした時に降り注ぐ日差しに気付くことがありますよね。
紫外線は1年中容赦なく私たちに降り注いでいるのです。
そうはいっても今後しばらくは長袖の季節が続きますよね。
「長袖を着ていれば紫外線は直接肌に当たらないから安心!日焼け止めをつけていなくても大丈夫!」と思っていませんか?
実はここに大きな落とし穴があります。
実は、長袖を着ているからと言って必ずしも紫外線対策ができるとは限らないのです。
服の素材や色によっては紫外線を通しやすいものもあり、いわゆる「うっかり焼け」をしてしまう可能性が高くなります。
日焼けを嫌う多くの女性にとってこのような事態は何がなんでも避けたいですよね!
そこでみなさんが常日頃から抱いていると思われる、長袖を着れば日焼け止めは不要かどうかという疑問を解決していきたいと思います!

日焼けしない長袖の選び方とは

先ほど、長袖を着ているからと言って必ずしも紫外線対策ができるとは限らないとお話させていただきました。
しかし中には、100%紫外線をカットできるとは言い切れませんが、日焼けをしにくい材質の長袖やUVカット効果のあるものなどを効果的に活用することで、日焼けを避けることができます。
日焼け止めのベタベタ感や肌に重くのっている感じがイヤだという方は、長袖をうまく使ってUV対策をしていきましょう!

日焼けしにくい長袖の材質とは?

同じ洋服でも、日焼けしやすいものとしにくい材質が存在します。
日焼けの原因となる、紫外線を通しやすいと言われている材質の代表的なものとして、綿(コットン)や麻があげられます。
綿や麻は通気性がよく、春夏の服に多く使われていますよね。
蒸れずに涼しく着こなせるということは、同時に紫外線も通しやすいということです。
これから暖かくなるにつれて、これらの材質の服がお店に溢れ返ってくるので、見た目だけでなくUVカット効果のことも考えて選びたいものです。
一方、紫外線を通しにくい材質としてウール(羊毛)があげられます。ウールはどちらかと言うと冬服、ニットなどに使われていることが多く、春夏に着るのは少し難しいかもしれません。そこで次は、暖かい時期でも着やすい便利な長袖をご紹介します!

UVカット効果のある長袖を選ぶ

汗ばみやすい春夏でも毎日快適に着ることのできるアイテムがあります。
それはUVカット加工のされている長袖です。日本を代表する某有名アパレルブランドがこれをいち早く取り入れ、市場で浸透しきっていることはみなさんご存知だと思います。
そのブランドではカーディガンが特に有名です。
UVカット加工のされている長袖を着る、または羽織るだけで紫外線をかなり高い割合でシャットアウトしてくれます。
ものによっては90%もカットすることができるので、日焼け止めをわざわざ塗らなくても強い紫外線から大事な肌を守り抜くことができます。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

何色の衣類が紫外線対策に効果がある?

紫外線対策に適した洋服の材質などはわかりましたが、より確実にその効果を高めるために注目すべきポイントがあります。
それは洋服の色です。
色は私たちの想像以上のパワーを秘めています。
同じ素材のものでも、色が違うだけで紫外線カット効果が変わってくるというから驚きですよね!紫外線カット効果の高い色として黒色があげられます。ふと思い返してみると、日傘やアームカバーなどは黒色が多いと思いませんか?それには意味があって、黒が紫外線をカットするのに最も効果的な色と言えるからです。うまく考えてこれらのアイテムは作られています。しかし、黒は吸収された光を熱に変換するという性質を持っています。春夏には少しこたえますよね。
黒に続き、黄色も高い紫外線カット効果が期待できます。黄色は紫外線を遮断し、黒ほど熱を吸収しないため、とっても利便性の高い色と言えます。見た目も軽く、明るい色なので汗ばむ季節でも選びやすいですよね♪
反対に、紫外線を通しやすい色の代表は白色です。白は季節を問わず選びやすいシンプルカラーですが、紫外線対策として適しているとは言えません。白は紫外線を他の色よりも通しやすいので、白色の服を着るときには日焼け止めを塗った方がいいと言えるでしょう。

長袖ではなくアームカバーで紫外線対策

肌寒い季節はいいですが、気温が上がってくると長袖を着ているのが苦痛に感じる日がどうしても増えてしまいますよね。そこでぜひ取り入れていただきたいのがアームカバーです。アームカバーはあまり馴染みがないという方も少なくないと思いますが(私も実際に使ったことはありません…)、あるととても便利です。大いに役に立ってくれます。その理由を1つひとつお話させていただきます!

アームカバーのメリットとは

アームカバーは靴下のようにすぽっと腕にはめる布製でできたものです。若い年代の方よりも40代以上の方が愛用しているのをよく見かけます。アームカバーは腕にはめる、外すだけの簡単な装着方法なので、時間がないときでも抜かりなくしっかりと紫外線対策を行うことができます。敏感肌で日焼け止めを塗ることができないという方、朝時間をかけずに紫外線対策をしたいという方にぴったりです。
通気性もよく、紫外線カット率もかなり高いので、夏でも快適に過ごすことができます。1度買えば数年間はその効果が持続されるので、日焼け止めを買い続けるよりもコスパもよいと言えます。日焼け止めだけが紫外線対策ではありません。ぜひアームカバーのメリットを全面的に利用しましょう!

アームカバーのデメリットとは?

利便性の高いアームカバーですが、使う上でのデメリットは存在するのでしょうか?しいていうなら「見た目」なのではないでしょうか。日傘を使う若い女性はたくさんいますが、アームカバーをしている若い世代はほとんど見当たりません。イメージとして、「かっこ悪い」「ファッションバランスが崩れる」「母親世代がつける」と考えている方もいると思います。確かに流行ファッションに加えてアームカバーをつけるのは抵抗があるかもしれませんが、日焼け止めを塗り忘れたり、日焼け止めが肌に合わなくて荒れてしまうことを考えれば、ぜひ活用すべきアイテムなのではないでしょうか。今年の夏は徹底的にUV対策をしたいと考えている方は思い切ってアームカバーを取り入れてみませんか?

UVカット効果がない服を着るなら紫外線カットスプレーを使用する

自分の持っている服全てをUVカット加工のものに変えることができればいいですが、それはあくまで理想ですよね。手持ちの服を気軽にUVカット加工できるアイテムがあることをご存知ですか?紫外線カットスプレーを使えば、お気に入りの服も簡単にUVカット効果を持つことができますよ。その効果や持続期間など詳しく掘り下げていきましょう!

紫外線カットスプレーを1度使うと何時間持続する?

便利な紫外線カットスプレーですが、気になることとしては1度使うと一体何時間ほど効果が持続するのか、ということですよね。正直なところ、紫外線カットスプレーには明確な持続時間は設けられていないものが多いです。肌に塗る日焼け止めのようにSPFやPAが明記されていればわかりやすいのですが、このスプレーは「確実に何時間持つ」とは言えないのです。
今や様々なメーカーから紫外線カットスプレーが販売されていますが、中には半永久的にその効果が持続するとうたっているものもあります。しかし、服を着ていると必ず起こりうる摩擦や雨などの刺激によって効果が落ちてしまうことも考えられます。2~3か月に1度はつけ直すなど、こまめにメンテナンスしてあげる必要があると言えるのではないでしょうか。

紫外線カットスプレーをした後に洗濯すると効果は落ちる?

肌に直接触れるものなど、着るたびにどうしても洗濯しなければならない服もたくさんありますよね。紫外線カットスプレーをつけた服を洗濯した場合、効果は落ちてしまうものなのでしょうか。
先に結論を言ってしまうと、1度紫外線カットスプレーをつければ3回程度の洗濯であれば効果を持続させることができます。これはあくまでホームクリーニングでの話で、プロのクリーニングに頼む場合は少し変わってきます。業務用の強い洗剤によってスプレーの効果が落ちてしまうことが十分に考えられますので、洗濯をした後、クリーニングに出したあとにはスプレーし直すようにしましょう。

紫外線カットスプレーが使用できない材質はある?

紫外線カットスプレーが優秀で活躍してくれること間違いなしのアイテムだということはわかりましたが、全ての服に使えるとは限りませんよね。そこで、紫外線カットスプレーが使用できない材質をここでは見ていきましょう。
紫外線カットスプレーと相性の悪い材質として、レザー(革)があげられます。紫外線カットスプレーの特性として、服の繊維自体にUVカット効果を持たせるということがあげられます。つまりは、繊維のすき間にスプレーが入り込んでくれるというわけです。
レザーは牛革・豚革が代表的ですが、これらは動物の皮を加工しています。繊維を織って作られるコットン素材などの洋服と異なり、レザーは密度の高い素材なのでスプレーの効果を発揮しにくいと考えらえます。同時に、レザーは決して通気性がいいとは言えず、紫外線も通しにくいので、UVカットスプレーを使わなくても紫外線防止効果が高いといえます。
必ずしもレザーにUVカットスプレーを使用できないというわけではありませんが、使わなくても着るだけで十分にUVカット効果を得られるものもあるので、見極めて使うようにしましょう!

それだけでも紫外線対策が足りないので飲む日焼け止めを使用する

いくら衣類に紫外線カットスプレーをかけたとしても限界があります。
また目から入る紫外線や頭皮や髪への紫外線ダメージは防ぐことができません。
それで紫外線カットスプレーと併用したいのが飲む日焼け止めサプリになります。
サプリメントを飲むことで体はもちろん、目や頭皮への紫外線対策もできるようになります。
当サイトで一番売れている飲む日焼け止めはホワイトヴェールになります。
詳しくはこちらをご覧ください。

ホワイトヴェールの公式サイトはこちらからどうぞ。
ホワイトヴェールについて詳しく見てみる

さいごに

今回は長袖を着たときの日焼け止めの必要性、またこれから本格的に気になってくる紫外線対策についてお話させていただきました。いかがでしたか?
紫外線と日焼けは女性の天敵ですが、これらをうまく活用して快適で賢いUV対策をしていきましょう!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧