30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

日焼け止めを落とす時の注意点と落とし方解説

日焼け止め

「日焼け止めを落とすのに苦労してしまう…」
「日焼け止めを落とすといつも肌荒れがしてしまう…」
「日焼け止めを落とすコツってあるの?」

そんなことを思ったことはありませんか?
そう感じた人は是非読み進めてみてくださいね。

日焼け止めは強烈な紫外線を出来る限り長時間ブロックするようにと開発されているので、肌への粘着力も非常に高いようです。
さらに紫外線を大量に浴びた後は、肌が熱を帯びていて炎症を起こしいてる可能性も高いので、取り扱い注意状態となっているようです。
落とす時のケアの方法によっても肌のその後のコンディションも変わってくるので、日焼け止めの落とし方にも細心の注意を払う必要があります。
今回は日焼け止めを落とす時の注意点と落とし方について紹介していきましょう。

日焼け止めの成分に合ったクレンジング&洗顔法を取り入れる事が鉄則

最近ではいろいろな種類の成分が配合されている日焼け止めが開発されています。
日焼け止めは通常のコスメ以上に肌への粘着率が高いので、落とす時もその成分がしっかりと落ちるようなクレンジングや洗顔量を選別する必要があります。
これから日焼け止め別のクレンジングの選別方法について解説していきます。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤の主要成分には、酸化チタンや酸化亜鉛などがあります。
紫外線吸収剤に比べると肌への粘着度が低いので、メーカーによってはクレンジングを使用しなくても簡単に落とせる物もあります。
海や夏場のアウトドアレジャーやドライブといった習慣がない人だったら、クレンジング不要の肌に優しい成分の紫外線散乱剤系の日焼け止めを使用すると敏感肌の人でも安心して使用できそうです。

紫外線吸収剤

落とす時には、オイルクレンジングといったクレンジング効果の高い物で落とすのがコツです。
クレンジングの種類もミルクやオイル、パウダー、ジェルといった風にいろいろありますが、やはりオイル系は洗浄力が高いようです。
オイル系クレンジングを選ぶ際には、オリーブオイルやスクワレンといった保湿効果もある天然成分が肌に優しいです。
紫外線吸収剤は肌への粘着性が高いので、毛穴の中までしっかりと洗浄していくためには、リキッドやクリームファンデーションを塗る際に使用するスポンジを活用するのがコツです。
手で洗浄していたらどうしても余計な力が入ってしまい、こすってしまって皮膚のたるみやシワ、シミを引き起こす原因となってしまうので、柔らかいスポンジで何度も吹きとっていく事が大事です。
手では届かない細かい部分にまでしっかりと届くので、洗い残しを防ぐ事も出来ます。
こういったケアも面倒だと思わずに、毎日しっかりとケアしていく事によって数カ月後、数年後の肌に大きな変化が訪れるので頑張ってケアしていきましょう。

日焼け後のクレンジング&洗顔後に是非取り入れて欲しいフードコスメピーリング

日焼け止め (2)

日焼けした直後にはメラニンがまだ皮膚の表面に付着している可能性が高いので、出来たらメラニンが皮膚の内部へと浸透していく前に、早急に落としていきたいものです。
ピーリングには、フルーツ酸配合のピーリングコスメを活用するのが効果的なのですが、日焼け後の皮膚がまだ炎症している状態の時には、刺激が強すぎる場合があって逆に肌荒れを起こすリスクもあります。
そんな時にお勧めなのが、リンゴの皮のピーリングです。
リンゴに含まれるフルーツ酸成分は、余分な角質を除去する作用やビタミンC、抗酸化作用の高いエビカテキン、酵素成分も含まれているので、肌が敏感な時のソフトピーリングケアには最適なアイテムです。
使い方はリンゴの皮の実の部分で肌を優しくこすって、後で水で洗い流すだけといった簡単ケアです。
事前にリンゴの皮をピーリングとして活用する事がわかっている場合には、皮をむく時には厚めに剥くのがコツです。
自然のフルーツを活用するので肌にも優しいし、リンゴの皮は従来なら捨てる部分なので、コストもかからないから大変お勧めの美容アイテムです。
もしもリンゴがない場合には、すいかやパイナップル、柿等でも代用できます。
いつもフルーツを食べる度に、皮や捨てる部分はピーリングケア用にとっておきましょう。

クレンジングで肌の負担を減らすために飲む日焼け止めがおすすめ

SPFが高い日焼け止めやウォータープルーフの日焼け止めを使用した場合にどうしても洗浄力が強いと肌に負担がかかる場合があります。
また敏感肌の人は中々自分に合ったクレンジングが見つけられないという事もあるのではないでしょうか?
その時におすすめなのが飲む日焼け止めです。
塗る日焼け止めに比べて飲む日焼け止めはクレンジングで落とす必要がありません。
肌に対する負担もないので敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめです。
またダブル洗顔などクレンジングに時間がかかってしまう事も多いですが飲む日焼け止めなら時短効果もあります。
肌荒れなどの肌トラブルで悩んでいる方は是非飲む日焼け止めを試してみてくださいね。

飲む日焼け止めサプリのおすすめランキングはコレ!

まとめ

今回は日焼け止めを落とす時の注意点と落とし方の解説について、説明してきました。
日焼け止めの成分も最近では肌への負担は徐々に軽くはなってきていますが、それでも少しでも洗い残しがあった場合には、そこから肌荒れしたり色素沈着の原因となってシミやくすみを招いてしまうので洗い残しがないように注意する事が大切です。
ファンデーション用のスポンジも大変リーズナブルなので、揃えておいてクレンジングにも活用すると肌への余計な摩擦も減ります。
日焼け予防はアフターケアまでしっかり行う事が大事だという事をしっかり覚えておいて下さいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

日焼け止めで肌荒れ!原因と肌荒れしない対策を解説

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧