30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

日焼け止めの効果の持続時間は?塗り直しの方法を徹底解説

日焼け止め

「日焼け止めの効果ってどのくらい持続するの?」

「日焼け止めの持続効果時間の基準は何?」

「日焼け止めの持続効果について知りたいんだけど…」

「日焼け止めの塗り直しの方法って?」

「日焼け止めの塗り直しはどのタイミングでしたらいいの?」

なんて思っていませんか?

日焼けしないためにと必死で紫外線防止効果の高い日焼け止めを塗っている方が多いと思いますが、日焼け止めの持続効果の時間って一体どれぐらいなのでしょう?
日焼けしないためにも、事前にそういった情報を入手しておく事が大事ですね。
今回は日焼け止めの持続効果と、効果を持続させる際の注意点、また塗り直しの方法について解説していきます。

目次

日焼け止めの持続効果の時間ってどれくらい?

日焼け止めの持続効果を表している数値がSPFです。
これはUVB波を防ぐ効果があります。
UVA波の防止効果を示す数値がPAで+の数が多くなるほど、紫外線防止効果は高くなります。

日焼け止め持続時間の算出方法

SPF50の日焼け止めの場合には、20分×50=1000分(16.6時間)

SPFの数値に20分をかけると算出出来ます。
持続時間が16時間あるからといっても、紫外線を浴びて皮膚や日焼け止めやファンデーションの成分が熱を帯びてくると、その持続効果も薄れてくるので、一番理想的なのが長時間屋外で過ごす場合には2~3時間おきに塗り直しをする事です。
もしも室内での活動がメインであれば、SPF25~40ぐらいの日焼け止めで塗り直しも必要ないでしょう。
但し、外にほとんど出ないからといって日焼け止めを全く塗らないのは危険です。
その訳は日焼けは大気汚染やブルーライト、窓から差し込む紫外線といった風にいろいろな原因があるからです。
色素沈着が起きやすい要因を取り除くためにも、日焼け止めは年中しっかり塗っておいて下さい。

日焼け止めの効果を持続させるための注意点について

日焼け止め

それでは日焼け止めの効果を持続させるための注意点について記載していきましょう。

日焼け止めを塗る際の注意点

一般的に紫外線のカット指数を表すSPFは、1cm平方メートルの皮膚に2mgの日焼け止めを塗った時の紫外線防止指数を表しているため、塗る量が足りなかった場合には効果を発揮できない事があるので顔全体にまんべんなく塗る事が大切です。
首やデコルテライン、手なども顔と同様に紫外線にさらされるので、顔と同様にしっかりとケアしていって下さい。

日焼け止めの効果の高いアイテム

日焼け止め効果の高いアイテムイコールSPF数値やPA数値が高いアイテムだと一般的には言われています。
実は他にもお勧めのアイテムがあります。

・赤外線を浴びる事による肌の温度の上昇を防ぐ効果

ウォータープルーフといった紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、紫外線の熱を吸収して科学反応を起こしながら熱を排出する作用があります。
その際に肌に大きなストレスがかかってしまうのです。
出来れば肌ストレスをセーブするためにも肌温度の上昇を防ぐ作用のある成分配合の日焼け止めを使用するのが良いでしょう。

・ブルーライトの色素沈着を防ぐ効果

最近ではスマホやパソコンを長時間活用する機会が増えてきています。
ブルーライトによる色素沈着もしっかりと予防していきましょう。

・日焼け止め効果以外にも美肌効果の高いアイテム

特に保湿効果や抗酸化作用の高い成分が配合されていると、紫外線を浴びて肌が乾燥するのを防いだりメラニンの排出を促す事が出来ます。

・肌の色ムラを隠したり保護効果が高いアイテム

夏場などの紫外線を多く浴びる時期には、シミやくすみ、肝斑が目立ちやすくなってしまいます。
日焼け止めで肌の色ムラを隠す事が出来るとファンデーションを厚塗りする必要もなくなります。
紫外線によるメラニンや大気汚染、ニキビ菌などから肌を保護する作用のある日焼け止めを選ぶと肌のコンディションを保つ事が出来ます。

・肌のバリア機能を高める効果

元々人間の皮膚には、0.02mm程ですが膜があって、紫外線や細菌の侵入を防いだり肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。
加齢によって肌機能が衰えていたりアトピーなどの敏感肌の人は、膜のバリア機能が弱まってしまいます。
なので日焼け止めの成分の中に肌のバリア機能を高める成分が配合されて物を選ぶと良いでしょう。

日焼け止めを選ぶ際にこういったプラスアルファの効果が臨めるアイテムを選ぶと、紫外線によるメラニンの蓄積や色素沈着も防ぐ事が出来そうですね。
メイクしている時間が長い事も考慮して、高性能で肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めの塗り直しのタイミングを紹介

日焼け止め

日焼け止めも屋外と室内といった風に過ごす場所が違う場合には、効果を持続させるためにも塗り直しが必要な場合があります。
今回は日焼け止めの塗り直しのタイミングについて、シチュエーション別に紹介してきます。

シチュエーションによって塗り直すタイミングも違ってくる

日焼け防止も屋外と室内、夏場と冬場や雨や曇りの日だと、降り注ぐ紫外線の量や汗をかく量によって、効果の持続性にも変化が出てきます。
これからシチュエーション別に、日焼け止めを塗り直すタイミングについて紹介していきます。

海や屋外プール

屋外の水場での日焼けは、空から降り注ぐ紫外線だけでなく水面に反射した紫外線も浴びる事になります。
出来ればSPF50、PA++++といった日焼け止め効果が高い物を活用するのがお勧めです。
塗り直しのタイミングはだいたい2~3時間が理想的です。
もしも敏感肌で紫外線吸収剤を使用しているウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用するのが難しい人は、SPF30前後、PA++前後の日焼け止めを1時間おきに塗り直すと良いです。
ノンケミカルでオーガニック成分配合の日焼け止めを活用すると良いでしょう。
でも1時間おきといった風に頻繁に塗り直すのが大変な場合には、SPF50の日焼け止めを使用した方が、持続力は高いです。
SPFというのは、持続時間を表す数値なので、

SPF50の日焼け止めの場合には、20分×50=1000分(16.6時間)

となります。
但し、水や汗で流れ落ちたり紫外線を浴びて日焼け止め成分が熱を帯びて科学反応を起こすリスクを考えると、16時間も日焼け止め効果を持続させるのは難しいので、こまめに塗り直す方が良いでしょう。
日焼け止め成分が紫外線によるメラニンを吸収している間に塗り直すと、メラニンが表皮の内部へ侵入してくるのを防ぐ事が出来ます。

室内

室内でも窓から紫外線は侵入してきます。
自宅では肌呼吸を塞がないためにとノーメイクで過ごす人も多いようですが、お天気の良い日中では室内にまで紫外線が侵入してきているので日焼け止めが必要です。
ただほとんど外に出ないのであれば、SPF25前後の紫外線散乱剤といった軽めの日焼け止めでもOKです。
塗り直しは朝塗って、お昼に1回程度すればOKです。
敏感肌の方でかぶれるのが気になる方は、3時間おきといった感覚で塗り直すと良いでしょう。
室内だから日焼け止めも塗らない、保湿のためにと美容オイルを日中も塗っているという状態が肌には悪いようです。
お天気の良い日の日中には、美容オイルを塗って紫外線を浴びると余計にメラニンを吸収しやすくなるので注意しましょう。

曇りの日

曇りの日でも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めは必要です。
特に5月は肌の奥の真皮質まで届くUVA波の量が高いので、曇っているからと油断はできません。
曇りの日も5月といった春先のうっすらとした曇りの日だと、紫外線が届く量もおよそ90%、普通の曇りの日でおよそ50~80%となっています。
そう考えると、春や秋でも夏場と変わらない防備で日焼け防止をしていた方が良いでしょう。
塗り直しもできれば3時間おきぐらいに塗り直すのが、ベストコンディションを保てます。
汗をあまりかかない時期だったら、海辺や屋外プールでなければ紫外線散乱剤でもOKです。

雨の日

雨の日でも紫外線は晴天の日の30%ぐらいは、届いているようです。
日焼け止めを選ぶ際には、SPF20~25、PA+~++程度の物でもOKです。
塗り直しも成分によりけりですが、だいたい1日に1回程度塗り直した方が肌には優しいようです。
日焼け止めは日焼けを予防する目的以外でも化粧下地効果や美肌効果のある成分の物もあるので、そういった高性能な日焼け止めを選ぶとメイクの仕上がり効果もアップ出来ます。
紫外線防止効果がそう高くない日焼け止め程、プラスアルファの効果を実感できます。

真夏の晴天の日の屋外

真夏の晴天の日の屋外は、特に紫外線の量も多いし湿度も高いので要注意です。
出来ればSPF40以上、PA+++以上の紫外線防止効果の高い物を選びましょう。
塗り直すタイミングも、2~3時間といった風に頻繁に塗り直した方が効果も持続できます。
汗をかきやすい人は、ウォータープルーフタイプの紫外線吸収剤を選ぶと良いでしょう。
日焼け止めを塗る以外でも、日傘やサングラス、紫外線カット手袋などを活用して下さい。
手袋や服は、白っぽいカラーよりは黒っぽいカラーの方が、紫外線カットパワーは強化されます。

冬場の屋外

冬場といった比較的紫外線の量が少ない時期の屋外であれば、晴天の日でもSPF25前後、PA++前後の日焼け止めでもOKです。
スポーツをしないのであれば、冬場は汗をかかないので紫外線散乱剤でも大丈夫です。
塗り直しも1日に1回でもOKです。
もしもスキーやスノーボードといった雪の上でのスポーツをするのであれば、日焼け止めもSPF50、PA++++といった最高値の物を使用して下さい。
雪の上は海や屋外プールと同様に紫外線は白い雪を反射して降り注ぐので、真夏と同じレベルの量だと覚悟しておいて下さい。
雪焼けの場合には光の反射の関係で赤くヒリヒリしたり色ムラが出来る焼け方をするので、2時間おきといった風に頻繁に塗り直す事がポイントです。
冬場は特に肌が乾燥しがちなので、日焼け止めを塗る前に化粧水だけでなく美容液もプラスしたりして、保湿効果の高い日焼け止めを使用するといった風に工夫して乾燥を防いで下さい。

まずは化粧崩れを防ぐメイク法をマスターしよう!

日焼け止め

最近の日焼け止めは高性能になってきたので、紫外線のUVA波をブロックするPAの数値も現在では最大で++++、UVB並みをブロックするSPFの数値も最大50といった風に、長時間日焼け止め効果を維持できるアイテムが続々登場しています。
夏場には最初からこういった紫外線防止効果の高いアイテムを使用しておくと、塗り直す必要もなくなります。
後はテカりやメイクのヨレ防止を考えるだけですが、化粧崩れを防ぐ方法としては、

皮脂抑制成分配合のアイテムを使用する

ロングラスティング成分といって、化粧持ちの持続性の高いグリコール酸×ビタミンCや、アスタキサンチン、有機酸、植物抽出エキスが配合されている成分配合の物を活用するのがポイントです。

皮脂吸着成分配合のアイテムを使用する

ヒドロキシアパタイト、ナイロンー12、オクテニルコハク酸デンプンA、シリカ(無水ケイ酸)、とうもろこしパウダーといった皮脂吸着成分が配合されているアイテムを使用すると、夕方までテカりを気にせずに過ごす事も可能です。

ミネラルパウダーの活用

酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカ、シリカ、オキシ塩化ビスマスタルクといったミネラル成分を、非ナノ粒子化してコーティングしているファンデーションやフェイスパウダーを使用すると、日焼け止め効果も狙いながら過剰皮脂状態に陥る事も防げます。
ミネラルファンデーションもスティックタイプやリキッドタイプといろいろな種類がありますが、パウダーやコンパクトに入ったパウダリータイプの方が化粧崩れしにくいので、化粧直しが面倒な方にお勧めです。

収斂作用の高いアイテム使いで脱化粧直し

日焼け止め

収斂作用とは別名アストリンゼント作用ともいうのですが、収斂作用のある成分を皮膚に浸ける事によって皮膚の主成分であるケラチンたんぱく質に作用して収縮させる事によって毛穴を引き締める事です。
毛孔が引きしまる事によって汗や皮脂の分泌を抑える働きがあるので、バリア機能が強化したり化粧崩れを防ぐ働きがあります。
収斂作用の高い成分配合のローションや乳液、美容液で肌を整えた後に、日焼け止めを塗ると化粧崩れしにくくなります。
さらに日焼け止めにも収斂作用の高い成分が配合されていると、その効果は倍増します。
収斂作用の高い成分には、

・植物エキス

・イラクサ葉エキス

・エゾウコギエキス

・コーヒー種子エキス

・シラカバエキス

・チャ葉エキス

・マロニエエキス

・イクタモール

・クエン酸

・コハク酸

といった成分があるので、スキンケアや日焼け止めを選ぶ際にはこういった収斂作用の高い成分を選んで時間が経過しても化粧崩れしないように予防していって下さい。

化粧崩れ防止アイテムを活用して夕方までヨレないメイク造り

日焼け止めの塗り直しが面倒な人にお勧めの方法としては、メイクが完成した後に化粧崩れ防止スプレーをシュッとひと吹きする事です。
これだけこのひと手間だけで化粧崩れをするのを防ぐ事が出来るので、テカりやヨレを防いでいく事が出来ます。
但し真夏日や屋外で長時間過ごす場合には、SPF50、PA++++といった日焼け止め数値がマックスの物を塗って、さらにその上からも日焼け防止効果の高いファンデーションやフェイスパウダーでしっかりと紫外線予防対策をしておく事が前提です。
高機能なメイクアイテムを上手に活用していく事が、メイクの完成度を高めたり化粧持ちをよくするコツなので、化粧防止スプレーは是非揃えておいて下さい。

塗り直しをできるだけしない日焼け止めの選び方

日焼け

それでは次は塗り直しをできるだけしないための日焼け止めの選び方について解説していきます。

汗や水に強い日焼け止めってどんなタイプ?

汗や水に強い日焼け止めイコールウォータープルーフタイプですが、同じウォータープルーフタイプでも、ある条件をクリアする事によって1日中テカらずに化粧持ちをよくする事が出来ます。
厚塗りを防ぐためにBBクリームもしくはCCクリーム機能のある日焼け止め数値の高いアイテムを活用しましょう。

・BBクリーム

BBクリームは、化粧下地、美容液、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションといった機能を備えているので、オールインワンでメイクが叶います。
小麦色の肌の方へ、シミやくすみが気になる方にお勧めのアイテムです。
BBクリームを塗った後は、シミやくすみはカバーできているので、その後に使用するアイテムとしては日焼け止め効果のある微粒子タイプのルースパウダーをブラシで軽く載せていくと、サラりとした仕上がり感をキープしながらさらに日焼け止め効果を高める事が出来ます。

・CCクリーム

CCクリームは、化粧下地、コントロールカラー、美容液、日焼け止めの機能を備えています。
肌のトーンを明るく見せたい方や色白の方にお勧めです。
CCクリームを塗った後には、固形状の日焼け止めプレストパウダーを活用するのがお勧めです。
微粒子のルースパウダーに比べるとカバー力が高いので、コントロールカラー的な要素のCCクリームでも肌のキメや薄いシミを隠す事が出来ます。
メイクのヨレや厚塗りを防ぐためには、パフよりはファンデーションブラシを活用するのがコツです。
ファンデーションブラシだと、鼻の頭やこめかみ、髪の毛の生え際といったメイクがヨレやすいパーツでも均一にムラなく塗る事が出来ます。

化粧崩れを防ぐコツとしてBBクリームとCCクリームを塗る時には、余分な水分を吸い取り過ぎない高性能なファンデーションスポンジを活用する事がポイントです。
さらにスポンジの角がとがっていると、目の周りや小鼻の周りといった凹凸のある細かいパーツでもしっかり塗る事が出来ます。
このように日焼け止め効果以外でも、

・厚塗りしない

・すみずみまで美しく仕上げる

・美容効果がある

といった機能を備えたメイクアイテムを揃えて上手に使いこなしていく事が化粧直しの手間を防ぐコツなので、ベースメイクはしっかりと整えていきましょう。

オーガニック成分の日焼け止めだと長時間の使用でも安心

日焼け止めを塗っていて、塗り直しが必要なのは、日焼け止め効果を持続させる事以外でも、肌に負担がかかってしまう事が挙げられます。
炎天下の屋外や海や屋外プールで長時間過ごすのでないならば、SPF35、PA++++以上の日焼け止め防止効果があれば、充分紫外線を防ぐ事は可能です。
あとはいかに肌に負担をかけないか?といった事に注意していけばよいので、これから肌に負担がかからないようにするためのポイントについて解説していきます。

・石油系の合成界面活性剤不使用

界面活性剤とは、水と油といった混ざりにくい物を混ぜやすくさせる成分の事です。
皮膚の表面は水と皮脂と汗から成るバリア機能の役割をしている皮脂膜で覆われているのですが、水と油を通過できる性質のある合成界面活性剤成分配合の日焼け止めを使用すると、皮脂膜のバリアをすり抜けて角質層まで侵入してしまいます。
この合成界面活性剤成分が日焼け止めに含まれていると、紫外線を浴びて化学反応を起こしてしまった成分がどんどん角質層へと侵入してしまいます。
その際に日焼け止めの成分が吸収してしまったメラニンや化学物質によって、肌細胞が酸化してしまうのです。
肌細胞の酸化が進むとメラニンによるシミやくすみといった症状を引き起こす以外でも、肌の内部で弾力を保つために生存しているコラーゲンやエラスチンといった繊維芽細胞まで傷つけてしまって、肌の構造を破壊し弾力を失い、それによってたるみやシワを招いてしまいます。
このように合成界面活性剤の使用は、肌細胞を酸化させ傷つけたりバリア機能である皮脂膜を破壊したりといった風に肌にとってはマイナスのダメージを与える作用が高いので、長時間日焼け止めを塗ったままでいたいのであれば合成界面活性剤を使用している日焼け止めの使用は避けるべきです。

塗り直しが面倒なら飲む日焼け止めがおすすめ

日焼け止め

前述しましたが、日焼け止めだと2~3時間置きに塗り直しをするのが適正になります。
でも2~3時間置きに塗り直しだとめんどくさいですよね?
そういうあなたにおすすめなのが飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めはサプリメントになっているので一度服用したら一日持続します。
中には4~5時間置きに飲まなければいけないものもありますので商品はよく調べてくださいね。
日焼け止めの塗り直しの手間を考えると飲む日焼け止めはとても便利ですね。
私も使用していますが、手放せなくなってしまいました。
飲む日焼け止めのおすすめはこちらにまとめているのでご覧ください。

おすすめの日焼け止めを見てみる

まとめ

今回は日焼け止めの効果の持続時間と塗り直しの方法について解説していきました。
日焼け止め効果の持続時間が長い程、肌に優しい成分が配合されている物を選ぶようにするのが肌のコンディションを高めるコツです。
また塗り直しのタイミングとしては一番理想的なのは、炎天下の下では時間が許す限り頻繁に塗り直す事です。
最近では日焼け防止効果以外でも、美肌効果やメイクの仕上がりアップ効果といった風に高性能な日焼け止めも数多く開発されているので、そういったアイテムを上手に使いこなすことも大切になります。
日焼け予防も屋外だけでなく、室内にいても窓から差し込んでくる光やスマホやパソコンのブルーライトの光の害もしっかりと把握して、年中日焼け対策を怠らないように心がけましょう。
また日焼け止めの塗り直しが少ない日焼け止めの選び方についても解説しました。
選ぶコツとしては、高い紫外線防止効果を求める以外でも肌に負担のかからない成分配合の物を選ぶのが長時間の使用でも肌荒れしないポイントです。
スキンケアやメイク時に高性能なアイテムを取り入れるだけで化粧の完成度が高まったり化粧持ちも格段にUPするので、是非日々の美活に取り入れていって下さいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

化粧の上から日焼け止めを塗り直すコツとは?時短で化粧直しをする方法

日焼け止めを塗るとテカる!原因とテカらないコツや対処法まとめ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧