30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

日焼け止めって一年前のは使えるの?使用期限はどのくらいなの?

 

 

「一年前の日焼け止めがあるけどこれって使えるの?」

 

「日焼け止めって使用期限あるの?」

 

「使用期限が過ぎた日焼け止めを使用するとどうなるの?」

 

なんてあなたは思ってはいませんか?

日焼け止めにはちゃんと使用期限があります。

ただ日焼け止めの種類によって違います。

使用期限が切れた日焼け止めを使用すると肌へ大きな負担になる場合もあります。

今回は一年前の日焼け止めは使用可能か?

日焼け止めの使用期限はあるのかということについてお話しします。

 

一年前の日焼け止めって使えるの?

 

美意識の高い女性にとって、特に夏場は日焼け止めは手放せないですよね。

毎日忙しくしていて、ドラッグストアに行った時にまとめ買いするという方、新しい日焼け止めを開けたと思ったら結局数回しか使わずに夏が終わってしまった、という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな日焼け止めたちをメイクボックスの奥深くに保管していると、また次の夏がやってきます。

そこで疑問に思うのが、「一年前の日焼け止めは使うことができるのか?」ということだと思います。

そこで、一年前に購入したもの、すでに開封してしまったものは果たして使うことができるのか、肌にどんな影響を与えるのか紐解いていきましょう!

 

日焼け止めの製造日ってどうしたらわかるの?

 

みなさんは、もし買い置きの日焼け止めが何個かあった場合、どれから使おうと思いますか?

特に意識せずに使っているという方がほとんどだと思いますが、もし日焼け止めに製造日が記載されていたら、現在の日づけから最も遠いものから使おうと思いませんか?

食品などと同じで、製造日が現在から遠いほど傷みやすくなるリスクが高まりますよね。

では、日焼け止めの製造日はどこでわかるのでしょうか?

 

基本的に、日焼け止めにはパッケージなどに製造日の記載はありません。

「それでは安心して日焼け止めを使えない!」という声が聞こえてきそうですね。

大丈夫です。製造日の記載はなくても、調べる方法があります。

日焼け止めや化粧品には、何か商品に問題があった時に対応できるように製造番号というのが定められています。

この製造番号は数字やアルファベットで記載されていることが多く、これをメーカーに問い合わせると製造日を調べてくれます。

少し手間にはなってしまいますが、心置きなく日焼け止めを使うために有効な方法といえます。

 

 日焼け止めの使用期限は?いつまで使える?

 

日焼け止めの使用期限は、未開封のものであれば3年、開封済みのものであれば1年を目安としてください。

ただしこれは基本的な目安で、必ずしも未開封で3年、開封済みで1年の使用期限が約束されるということではありません。

もし、日焼け止めの保管場所が直射日光の当たるところであれば、当然商品の劣化は早まります。

反対に、暗所で低温保管していれば商品価値の寿命は延び、長く使えるということにもなります。

せっかく買った日焼け止めをムダにせずに長く使うためにも、使用期限を延ばす保管を心がけましょう。

 

日焼け止めの種類によって使用期限って違うの?

 

昔に比べて、今は様々な種類の日焼け止めが流通しており、私たち消費者の商品選択の幅が広がりましたよね。

大きく分けると、日焼け止めはクリームタイプ・ジェルタイプ・スプレータイプなどがあげられると思います。

まず、クリーム・ジェルタイプですが、この2つの使用期限に差はほとんどありません。

クリーム・ジェルタイプは1度封を開けると、外気(酸素)に触れる機会が多くなります。つまり、酸化が進むということです。

日焼け止めが酸化すると、どうしても劣化が進んでしまい、ひどくなると変色が起こます。さすがに白いはずの日焼け止めが茶色く変色していたら使わないとは思いますが…。

クリーム・ジェルタイプの日焼け止めはチューブなどに入っている場合が多く、使う際に日焼け止めの出口と手が直接触れてしまいます。これも使用期限が短くなる原因の一つです。

一方、スプレータイプのものはこの2タイプに比べて使用期限を長く保つことができます。

スプレー缶は常に密封されている状態なので、酸素や人の皮脂と合わさる心配がありません。商品をよりよい状態で使うために、外気や皮脂などがいかに影響を与えるかわかりますよね。

ちなみに、未開封のものは全て3年程度の使用期限を持っています。

 

日焼け止めの未開封と開封済みで使用期限って変わる?

 

先ほどもお話させていただいた通り、未開封のものと開封済みのもので使用期限は異なってきます。

未開封のものは3年を目安に使用していただきたいのですが、例外もあります。

例えば、オーガニックコスメとうたっているものや肌に負担のかかりにくいノンケミカル処方のものは、

肌に本当に必要なものしか配合されていなかったり、保存料が入っていなかったりで市販のものよりも使用期限が短いことがあります。

メーカーにもよりますが、これらのものは未開封でも1年、開封した後は半年を目安に使い切るようにしましょう。

開封済みの日焼け止めは、開けた時点で空気と触れ、日焼け止めの中に入っている油分や香料、有効成分が酸化し始めます。これに加えて、雑菌が繁殖しているということもあり得ます。

開封したらできるだけそのシーズンで使い切るようにし、もし使い切れなかった場合でも1年を目安に使用するようにしてください。

開封後1年以内でも、手に出した時に油分が分離していたりなどの異常があれば、新しい日焼け止めを使うようにしてくださいね。

 

開封済みの日焼け止めの保存方法ってどうしたらいいの?

 

開封した後の日焼け止めでも、できるだけその寿命を延ばしてムダなく使っていきたいですよね。

開封して空気に触れさせている分、未開封のものに比べてより一層保存方法に気を付けなければなりません。

まず、高温多湿になる場所には置かないようにしましょう。成分が分離してしまい、購入した時の品質を保てなくなります。

日焼け止めは他の化粧品に比べて強い成分で構成させていることが多いです。

そのため、劣化した成分を肌にのせると肌に悪影響を与える可能性が高くなります。

開封した日焼け止めは温度が一定に保たれている場所で、湿度を感じにくい暗所で保存するようにしましょう。

 

使用期限が切れた日焼け止めの効果って落ちる?

 

日焼け止めを使う際に1番気になるポイントは、「日焼け止めの効果がきちんと得られているか」ということですよね。

万が一、開封してから一年以上経っていたとしてもSPF・PAなどの日焼け止めの効果が落ちるということはありません。

ただし、日焼け止めにとっていい環境で保管されていないと、いくら日焼け止めの効果が落ちていないからといって安易に使用して肌が荒れてしまった…ということになりかねません。

使用期限が切れた日焼け止めを使う際の大前提は「品質保持されている」ことです。

顔に使う前に腕などでパッチテストを行ったり、もし少しでも不安に思うのであれば新しいものに切り替えましょう。

 

使用期限が過ぎると匂いや色って変化するの?

 

使用期限が切れた日焼け止めは、手に出した時に乳液・クリーム部分と油分が分離していたり、くすんだような茶色い色に変色していたり、日焼け止め特有のものではない変なニオイがします。

これらのサインが出ているものは要注意です。目に見えて変化のある日焼け止めを使うことはできません。

もし開封後1年以内のものでも、これらの変化が見られた場合、もったいないですが破棄するようにしましょう。ムリに使って肌が赤く炎症した、ただれてしまったということになってからでは遅いですよ!

 

使用期限が切れた日焼け止めを使った場合のデメリット

 

知らず知らずのうちに使用期限の切れた日焼け止めを使っていた…という方も少なくないと思いますが、もし使用期限の切れたものを使った場合、一体どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

肌荒れやかゆみが出てメイクに影響することも!?

 

使用期限切れの日焼け止めを使用した際に肌荒れやかゆみが現れてきてしまうことがあります。

市販で売られているほとんどの日焼け止めには防腐剤や殺菌剤が配合されていますが、期限が切れるとこれらの効果も減少します。

すると、日焼け止めの劣化スピードが速まり、肌につけた時に肌が荒れてしまったりかゆみが出てきてしまいます。

毎日メイクをしなければならない社会人女性にとって、これはとても困りますよね。

そうならないためにも、何かしらの変化が見られる使用期限の切れた日焼け止めは使わないようにしましょう。

 

女性の敵、肌の老化を促すこともある

 

抗酸化がエイジングに効果的だというのは有名な話ですよね。

肌が酸化するとくすんで見えたり潤いやハリが失われたりと女性を悩ます症状が出てきます。

使用期限の切れた日焼け止めは、中の油分や成分が酸化していることがほとんどです。

その酸化した劣化が著しい日焼け止めを肌の上にのせると考えただけで…怖いですよね。

肌を守るためにつける日焼け止めが、肌の老化を促進させるという事態を防ぐためにも、しっかりと見極めて使うようにしましょう。

 

日焼け止めが使用期限を過ぎる前に使い切るコツ

 

ここまで使用期限が切れた日焼け止めについてお話させていただきましたが、1番ベストなのは使用期限が切れる前に使い切るということですよね。

その効果的な方法を3つご紹介します。

まず1つめは、夏だけでなく1年中日焼け止めを使用するという方法です。

強い紫外線を感じる夏のみ日焼け止めを使っているという方も多いですが、1年を通して紫外線は降り注いでいます。

うっかり焼けや気付かないうちにシミができてしまっていた、ということにならないためにも、日焼け止めは年中使用することをおすすめします。

2つめは、重ね塗りをするという方法です。

朝出かける前に日焼け止めを塗り、夜まで何もしないという方もいると思います。

いくらSPF・PAが高いものを使っていても、服の摩擦や手を洗ったりとしているうちに自然と日焼け止めの効果は落ちてしまっています。

日焼け止め効果を持続させるためにも、1日に2~3回は塗り直すようにしましょう。

3つめはリキッドファンデーションに混ぜて使うという方法です。

パウダーファンデーションで実践するのは難しいですが、普段使っているリキッドファンデーションに混ぜると、顔全体にムラなく日焼け止めを塗るということにもつながって一石二鳥です。

ジェルや潤いの高いクリームタイプの日焼け止めを使うと、ファンデーションのノリもよくなりますよ。

 

さいごに

 

今回は、つい残りがちな日焼け止めの使用期限に関してお話させていただいました。

いかがでしたか?

大切な肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めですが、使用期限に気を付けて肌に悪影響がないか見極めてから使うようにしましょう。1番大切なのは「あなたの肌」ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧