30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

妊婦も日焼け止めを塗っても大丈夫なの?選ぶコツとは?

 

基本的に女性は日焼けをしたくないもの。
妊婦も例外なく日焼けしたくないと思うのも不思議なことではありません。
ですが、妊婦が日焼け止めを塗る場合だと、赤ちゃんに影響がないか心配になってきますよね?

大事な赤ちゃんに余計な影響は与えたくないですし、だからといって日焼けするのも避けたいものです。
そこで、妊婦が日焼け止めを塗っても影響が出ることはないか、ご説明します。

妊娠中は日焼け止めを塗っても大丈夫なの?

結論から言うにあたり、未だ日焼け止めを塗ることによる影響などは明確になっていないのが現状です。
しかし、どちらかといえば日焼け止めを塗ることを推奨されているのは確かです。
むしろ日焼け止めを塗って赤ちゃんに何か影響を与えるのではないかと心配する方が良くない影響を与える恐れがあるでしょう。

なんで妊娠中に日焼け止めを塗った方がいいの?

なぜ妊娠中に日焼け止めを塗るのが推奨されているのか、それは妊娠中にホルモンバランスが乱れやすくなっていることから紫外線による影響を受けやすいからです。
紫外線によるダメージを蓄積することにより、シミやそばかすなど様々な肌トラブルを起こす恐れがあります。
特に妊娠中はつわりが起こる人がほとんどなので、主に食べ物から摂取出来る肌に良いとされているビタミンBも摂取しにくくなっています。
妊娠していない時でも肌トラブルが起こる恐れがあるのに、妊娠中だとさらに紫外線による影響を受けやすくなっている為、日焼け止めによるガードが欠かせないと言えるのです。

よく妊娠してから肌が弱くなったという話を聞くことが多くありますが、それはホルモンバランスが乱れやすくなっている為に起こり得る現象です。
今まで肌トラブルが起きたことがない人でも起こる可能性があるので、出産した後も若々しくいたいのであれば油断せずに日焼け止めを塗るのが得策です。

妊娠中に紫外線対策を怠るとどうなる?

ただでさえ妊娠中は紫外線の影響を受けやすいのに対策を怠っていた場合、身体は赤ちゃんを守る為に防御機能が活発に働きます。
防御機能が活発になることでシミやそばかすなどの原因となるメラニンの生成が活発化するのが大きな問題点です。
さらに妊娠中はプロゲステロンというシミを作り出すホルモンが多く分泌されてしまう為、一層紫外線による影響を受けやすいのです。

よって紫外線対策を怠っていると、思わぬスピードで肌トラブルが起こる可能性があると言えるでしょう。
肌トラブルを起こしたくないのであれば、日焼け止めなどの紫外線対策が欠かせません。

妊婦にぴったりの日焼け止めは何を選べばいい?

先ほど妊婦が日焼け止めを塗っても問題ないと説明しましたが、日焼け止めなら何でもいいというわけではありません。

妊婦が安心して使える日焼け止めを選ぶポイントとは?

妊婦が安心して紫外線対策を行うには、日焼け止め選びに注意する必要性があります。
何故なら、妊娠中は体調だけでなく肌も敏感になっているからです。
今まで問題なかった日焼け止めでも、妊娠中に塗ると肌がヒリヒリすることもあるなど妊婦に合った日焼け止めを選ぶ必要性があるのです。

特に紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを塗るのは避けるべきでしょう。
紫外線吸収剤は有機化合物が含まれている為、肌に優しいとされている紫外線散乱剤よりも肌に強い刺激を与えてしまいます。
ただでさえ敏感になっている肌に強い刺激を与えてしまうと、何らかの肌トラブルに繋がる恐れがあるでしょう。

よって妊婦が安心して日焼け止めを使う為には、紫外線散乱剤が使われているノンケミカルタイプの日焼け止めや敏感肌用の日焼け止めなどを使うのが得策です。
つわりがひどいという人には、香りがない無香料の日焼け止めを塗るといいでしょう。

ただ、妊婦によって妊娠する前とそれほど変わらずに生活している人もいるので、そいった人は目的に応じた日焼け止めを使うのがお勧めです。

赤ちゃん用の日焼け止めも効果的?

妊娠中の人でも安心して使える日焼け止めを探すというのは意外に大変なものです。
いちいち探さなければなりませんし、もしも売っていなかった時の為に代用出来る日焼け止めを探す手間もかかってしまいます。

そんな時にお勧め出来るのが赤ちゃん用の日焼け止めです。

赤ちゃん用の日焼け止めの特徴!

赤ちゃん用の日焼け止めには以下のような特徴があります。

・赤ちゃん用なのでSPFやPAがそこまで高くない

・紫外線吸収剤など肌に刺激を与える成分が含まれていない

・クレンジングオイルを使わなくても簡単に落とせる

・肌に優しい成分が含まれている

これらの特徴は赤ちゃんの肌質にそっくりと言える妊娠中の人や出産後の人でも安心して使える嬉しいポイントです。
SPFやPAがそこまで高くなくても軽い運動の為に近所を散歩する程度でしたら問題ありませんし、肌に刺激を与える成分が含まれていないので敏感肌のようになっている妊婦にとって安心出来ます。

また、敏感肌になっている人がクレンジングを行うと肌に刺激を与える恐れがあるものですが、赤ちゃん用の日焼け止めは石鹸やお湯などで簡単に落とすことが出来るのが大きな特徴です。
妊娠中に自分が使っていた日焼け止めが生まれてきた赤ちゃんにもそのまま使用出来るので、購入しておいて損はないでしょう。
肌に優しい成分も含まれているなど、多方面で嬉しいメリットがあります。

さいごに

妊娠中だからといって全く外に出ないわけではないので、紫外線から肌を守る為にも日焼け止めが欠かせませんよね。
しかし、日焼け止め選びに注意しておかないと、思わぬ肌トラブルに発展しかねないので、必ず日焼け止めに含まれている成分表を確認することが重要です。

いつまでも若々しくいたいのであれば、妊娠中でも自分の肌を疎かにしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です