30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

肌断食とは?どういう効果があるの?期間がどれくらいするの?

 

最近流行している肌断食という言葉は聞いたことがありますか?

肌断食とは一時的、または永久的にスキンケアやメイクアップをしない、または極力不必要なものは使わない美容法です。

この美容法は肌本来の力だけで肌をきれいにする、という考え方から始まりました。

肌断食には肌の自ら持っている力だけで肌をきれいにするという効果があります。

シミ、シワ、ニキビ、肌荒れ、肌の敏感さ、が減ったなどの効果を実感することができます。

期間に特に決まりはありません。

一時的にする場合もあれば、一生続ける人もいます。

今回は肌断食とはどういうものなのか、一体どういう効果があるのか、またどのくらいの期間行うべきなのか、について詳しく解説していきます。

 肌断食って何?

肌断食とはスキンケアやメイクアップを極力使用しない、という美容法です。

宇津木式が有名で、宇津木龍一先生によって広まった美容法です。

本来肌は何もしなくてもきれいなもの、だから何もしなくてよい、というのが基本的な考え方です。

肌断食を推薦する方々の意見をまとめると、次のようなことが理由で、何も使わない「肌断食」をすすめています。

スキンケア化粧品は肌のバリア機能を低下させる

スキンケア化粧品には必ずといっていいほど界面活性剤が入っています。

界面活性剤は水と油を混ぜるためや洗浄目的に使用されています。

この界面活性剤は、天然であろうがなかろうが肌の本来あるバリア機能を壊します。

肌には何もしなくても水や有害なものが体に入ってこないように守るバリア機能というものがついています。

しかし、このバリア機能が様々な化粧品を使うことによって壊れてしまいます。

でも、人間の体はよくできていて、バリア機能は壊されてもすぐに元に戻ろうとします。

この戻ろうとする力を、過剰にスキンケアをすることで、妨げてしまっているのです。

最終的に肌の機能は弱り、何もつけないと極度に乾燥するなど問題が出てきます。

そうなると、著しく肌が乾燥したり、肌荒れが起きるなどのトラブルが起こるのです。

つまり、肌を美しくするために毎日頑張って使っているクレンジング、化粧水、美容液、クリーム、などが逆に肌のバリア機能を低下させて肌を不健康な状態にしています。

スキンケア化粧品は一時しのぎで実際肌が保湿されているわけではない

洗顔やクレンジング後に何もつけないと肌が乾燥してしまいますよね。

そうなる前にみなさん急いで化粧水やクリームなどを塗ると思います。

しかし、肌断食推薦派の考え方では、焦って何かを塗らなくても肌状態がよければ乾燥しない、そして化粧水やクリームも塗る必要がない、と考えます。

どうして洗顔やクレンジング後に肌が乾燥してしまうのでしょうか?

それは洗顔やクレンジングに含まれる界面活性剤が肌のバリア機能を壊しているからなのです。

また、焦って塗っている化粧水やクリームにも界面活性剤は高確率で入っています。

このような化粧水やクリームの使用によって一時的に肌は良くなっているように感じますが、実際は肌の機能が低下していきます。

最終的に外から保湿を繰り返さないと自分の力だけでは保湿できない悪循環に陥ってしまいます。

クレンジングは肌に一番悪い

クレンジング剤、特にクレンジングオイルには大量の界面活性剤が入っています。

界面活性剤以外にもクレンジング時の摩擦も肌のバリア機能に影響します。

汚れを落とすつもりで使っているのですが、肌のバリア機能が壊れてしまい、元よりも乾燥して敏感な肌になってしまいます。

そうなると、外的刺激にも過敏に反応してしまい、肌荒れなどを起こしやすいのです。

また、肌には皮膚常在菌という菌がたくさん住んでいます。

これらの菌は健康な肌に必要なものばかりです。

しかし、我々はクレンジングのしすぎでこの必要な菌を取り過ぎてしまっています。

それも肌荒れの原因の一つなのです。

一番のスキンケアは何もしないこと

肌は何もしなくても保湿された肌を保つ力があります。

それは肌の中にある天然の保湿剤とよばれている天然保湿因子や細胞間脂質のおかげです。

天然の保湿剤は何もしなければ健康な肌を維持してくれます。

しかし現代の人々はスキンケアをするのが当たり前、美しくなるにはできるだけスキンケアを頑張る=いい化粧品をたくさん使う、というのが常識ですよね。

この間違った認識によって自ら健康的な肌の機能を壊しているのです。

肌のバリア機能は破壊されてもすぐに元に戻ろうとします。

しかし、続けて界面活性剤の多いスキンケアアイテムを使い続けることによってバリア機能は戻ることができなくなってしまうのです。

肌断食にはどんな効果があるの?

肌断食を始めて肌が本来の力を取り戻し始めると、クリームを塗らなくても乾燥しない肌になります。

もちろん内面的な理由で一時的に乾燥することはありますが、スキンケアを使用している時に比べて、肌の力だけで保湿する力がアップします。

また、全くスキンケアを使っていないのに、シミ、シワ、にきびなどが減るという効果を実感している人もいます。

肌断食はどのくらいの期間やればいいの?

スキンケアを行わないというのはなかなか難しいですよね。

本格的に何も使わない肌断食もありますが、プチ肌断食といわれる、短期間や週末だけなどの肌断食法もあります。

様々な理由で「メイクをしないのは無理!」という人は多いとおもいます。

濃いメイクにはクレンジングも必要ですよね。

そのような方にはできる時だけ一時的に肌を休めてあげるプチ肌断食が人気のようです。

デトックス感覚でスキンケアやメイクアップをお休みする、といった感じです。

また、徐々に使用している化粧品を減らしていって、少しずつ何も使わない肌断食に慣れていく方法もあります。

肌断食で効果を実感できた人は徐々に本格的な肌断食にはまっていくようです。

参照:肌断食は効果なし?失敗してしまう原因や理由5選

まとめ

今回は肌断食について詳しくお話ししました。

肌断食とはスキンケアやメイクアップを全く、またはほとんど使わない美容法です。

肌の本来の力を最大限に引き出してあげることによって何も使わなくても美しい肌を維持することができます。

現代の人々はたくさんのスキンケアやメイクアップアイテムを毎日使っています。

それによって本来ある肌のバリア機能が低下、皮膚常在菌が減り、乾燥して敏感な肌になってしまうのです。

肌断食には一切化粧品を使わない方法、徐々に減らしていく方法、またできる時だけ行うプチ肌断食があります。

肌断食のやり方についてはこちらの記事「肌断食の正しいやり方とは?ワセリンと純石鹸がポイントです」をご参照ください。

ご自身のライフスタイルに合う形で行うといいと思います。

なお肌断食中のメイクについてはこちらの記事「肌断食中のメイクはどうしたらいい?使えるメイクってある?」で詳しく解説していますので合わせてご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧