30代40代におすすめの飲む日焼け止めサプリを解説

日焼け止めの白浮き。塗ると白く粉っぽくなる原因と対処法について

日焼け止め

日焼け止めを塗って、白く粉浮きした経験がありませんか?
日焼けしたくないからと思って、しっかり日焼け止めを塗ったのはいいけれど、今度は白浮きして何だかメイクの仕上がりが変になってしまったなんて失敗をしてしまうことありますよね。
今回は日焼け止めを塗ると白く粉っぽくなる原因とその対処法について解説していきます。

日焼け止めが粉浮きする原因について探っていこう

日焼け止めの種類には大きく分けると2種類あります。
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。
紫外線吸収剤よりは紫外線散乱剤の方が肌には優しい分、白浮きする場合もあります。
紫外線散乱剤の特徴としては、光を反射させて熱を放出する作用があります。
その光を反射させる作用が高い程、白浮きする傾向が強いようです。
同じ紫外線散乱剤でも、白色の無機質の粉末を使用している物が特に白浮きしやすいようです。
もともと色白の人の場合には良いのですが、色黒の人やシミやくすみ、肝斑が目立つ人はメイクの仕上がりがかなり不自然になってしまいます。
日焼け止めを選ぶ際にはカラーや色づき具合についてもしっかりとチェックしておいて下さい。

白浮きしないためにはどんな日焼け止めを選んだらいいの?

日焼け止め

白浮きしないためには、一体どんな日焼け止めを選んだらいいのでしょう?
これからお勧めのアイテムの特徴を紹介していきます。

紫外線吸収剤の日焼け止め

紫外線吸収剤の多くは、透明もしくは白くても色が浮かない成分の物がメインです。
紫外線吸収剤は、紫外線の熱を吸収して化学反応を起こさせて熱を蒸発させる作用があります。
化学反応を起こした成分をそのまま長時間肌に浸けておくと肌が弱い人は肌荒れを起こしたり、成分に浸透している紫外線のメラニンがそのまま色素沈着してしまうといったリスクも秘めています。
近い将来肌の表面に出没してくる可能性の高い隠れシミは現在出没しているシミの5倍以上あると言われているので、出来るだけ色素沈着が起きないように紫外線を浴びたら3時間おきのペースで塗り直すのがベストです。
メラニンも放っておくと表皮の奥にある真皮質にまで到達してしまい、くすみや濃いシミの原因となってしまうので注意しましょう。
でも最近では肌に優しいオーガニック系の成分やメラニン排出作用のある抗酸化作用の高い成分が配合されている日焼け止めも多く開発されているので、そういった肌に優しい日焼け止めを選ぶと良いでしょう。
毎日長い時間浸け続ける事を考慮して、良い物を選んでいって下さい。

肌色に近い紫外線散乱剤の日焼け止め

白ではなく肌色に近いベージュカラーの日焼け止め散乱剤だったら、化粧下地の効果にもなるし白浮きしません。
最近では光を反射しながら肌を美しく魅せるイルミネーター効果のある化粧下地効果のある日焼け止めも開発されているので、そういったアイテムを上手に使いこなしながらメイクの腕を上げていって下さい。

日焼け止め以外で白浮きをカバーしてくれるアイテム探し

日焼け止め

もしも日焼け止めで白浮きが気になったり紫外線吸収剤による肌への刺激が気になるようでしたら、日焼け止め効果の高いアイテムを活用するといった手もあります。
日焼け止めと化粧下地、ファンデーション機能を備えたアイテムだったら重ね塗りの必要がないのでナチュラルメイクも叶うし、何種類ものコスメアイテムを購入しなくて良いから毎月にかかる美容費のコストもセーブする事が出来ます。

BBクリーム

日焼け止めで白浮きするのであれば、日焼け止め効果や、化粧下地効果や美容液効果、ファンデーション機能も備えたオールマイティーのBBクリームを活用すると良いでしょう。
BBクリームだと化粧水を浸けた後にそれだけ塗れば、あとは軽くフェイスパウダーで整えるだけといった時短メイクが叶うし成分が浮いたりしません。
もともとBBクリームは、傷跡をカバーするために開発されているので、美容成分が配合されていたりコンシーラーの機能も備えているので大変便利です。
カラーも豊富でBBクリームだとベージュ系といった肌質に近いナチュラルな仕上がりになります。
伸び具合や保湿効果、浸け心地、色づきなどをじっくり調べながら、自分の肌にマッチしたアイテムを選んでいって下さい。

CCクリーム

CCクリームはCAREとCONTROLの略で、ケアとコントロールカラーの機能を備えたクリームです。
BBクリームに比べると、白いもしくは白っぽいカラーです。
コンシーラー力はあまりありませんがコントロールカラー効果があるので、くすんだ肌のトーンを明るく見せるにはもってこいのアイテムです。
1本で日焼け止め、化粧下地、コントロールカラー、美容効果といった万能なアイテムですが、色白でない場合には白浮きする事もあるので自分の肌の色とよく相談してから選んで下さい。
中にはうっすらとベージュがかったカラーもあります。
BBクリームに比べるとテクスチャーが軽めなので、夏場の汗をかく時期にはさらっとしているから、化粧崩れするのも防げるので心地よく過ごす事が出来ます。

どうしても白浮きする場合は飲む日焼け止めサプリがおすすめ

日焼け止め

それでもどうしても白浮きしてしまうという場合には飲む日焼け止めサプリがおすすめです。
サプリメントなので飲むだけで肌に塗る必要はありません。
なので白浮きの心配もないんですね。
BBクリームやCCクリームと併用してもいいでしょう。
白浮きに悩んでいるなら一度、試してみるといいかもしれません。
詳しくはこちらをどうぞ。
おすすめの飲む日焼け止めを見てみる

まとめ

今回は日焼け止めを塗ると白い粉っぽくなる原因と対処法について解説してきました。
日焼け止めの種類も豊富になってきて白浮きしないようなカラーや成分もあるので、そういった最新情報を常にチェックしながら使用目的にマッチした物を選んでいって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事一覧